ホーム > 社会基盤 > 砂防 > 砂防事業 > 雪崩対策事業

ここから本文です。

更新日:2013年8月27日

雪崩対策事業


概 要
 雪崩による災害から人命を守るため、昭和60年度に集落の保全を目的とした雪崩対策事業が創設されました。
 長野県では、昭和62年度から、”豊かで安全な雪国をめざして”雪崩防止施設及び警戒避難体制の整備を行っています。

  観光地を保全する雪崩対
 策事業
 

 斜面下の白骨温泉街を雪
 崩による被害から保全しま
 す。

 (南安曇郡安曇村白骨地区)

   
 雪崩予防柵(吊り柵工)

 (南安曇郡安曇村)
 

 
  重要な施設を保全する雪崩
  対策事業


 斜面下の集落、小学校、国
 道。JR、官公署等を雪崩によ
 る被害から保全します。

 (北安曇郡小谷村月岡地区)
 
   
 鉛直式雪崩予防柵工

 (北安曇郡小谷村月岡地区)
 

 

お問い合わせ

建設部砂防課

電話番号:026-235-7315

ファックス:026-233-4029

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?