長野県立総合リハビリテーションセンター

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2016年8月30日

日常生活能力向上に向けた訓練

家庭等に復帰されたときに役立つための様々な訓練を提供しています。

日常生活動作訓練

施設では、食事・更衣・入浴・排泄・移動等の日常の基本動作を中心に必要な訓練を実施し、家庭等での生活における自立度の向上を図ります。

行事

「サマーコンサート」「運動会」「クリスマスコンサート」など季節の行事を実施しています。

スポーツ・レク活動

障害の程度や健康の状態に応じたスポーツ・レクリエーションを通じて、健康の保持、体力の向上及び機能の回復を図ります。

レクスポ教室1 レクスポ教室2 レクスポ教室3

運動会の練習の様子(レクスポ訓練での一コマ)

社会適応訓練

施設外での移動や買物訓練等を通じて、自立した生活が可能となるように、社会生活の技術や知識等の習得を目指します。

STグループ訓練

言語障がいのある方で、ST訓練を受けている方を対象として、音楽を中心に楽しみながら訓練を行います。

自立生活訓練

生活訓練室を活用して、自分で食事や清掃を行い、自立した生活を送ることができるよう訓練を行います。

クラブ活動

音楽クラブ・切り絵クラブ・押し花絵クラブ・ハンドベルクラブ・動物ふれあい訪問等、様々な活動を通して社会生活に対する興味の拡大を図ります。またボランティア講師や職員、他利用者との交流はコミュニケーションスキルを習得する機会ともなります。

教養講座

みんなの車 講演会の様子

社会人としての知識を広め教養を高めること、日頃の健康管理に対する意識を高めること、を目的として講師を迎え講座を開催しています。

生活相談、援助

利用者の社会参加が早期に可能となるよう、関係機関と連携を図り相談・援助を行っています。

心理相談

希望により、心理相談員による面談を実施しています。

ピア・カウンセリング

希望により、ピア・カウンセラーによるカウンセリング(面談)を行います。

健康管理

健康管理室様子

定期的な健康相談や外来受診により、疾病の再発防止と健康の維持・増進に努めています。

障害の理解と健康意識の向上を図るため、学習会を実施しています。

食生活の改善を図るための栄養指導を実施しています。

退所後の生活における健康の自己管理が図れるよう、訪問看護ステーションや医療機関等との連携を密にしています。

その他

利用される方々の、生活訓練の支援をする職員を『生活支援員』と呼びます。

また、健康管理室では『看護師』が健康管理にあたっています。

利用には身体障害者手帳等の所持が必要です。

具体的な内容についてお知りになりたい方は、更生相談室又は支援部生活支援課におたずねください。

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?