ホーム > 長野県立総合リハビリテーションセンター > 更生相談室 > 平成28年1月から身体障害者手帳の申請には個人番号の記載が必要になります

長野県立総合リハビリテーションセンター

しあわせ信州

ここから本文です。

 平成28年1月から身体障害者手帳の申請には個人番号の記載が必要になります

 「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下「番号法」という。)の施行により、平成28年1月1日以降、身体障害者手帳の申請には「個人番号」の記載が必要になりました。また、番号法の規定により、本人確認が必要になりますので、番号確認と身元確認の出来る書類の掲示をお願いいたします。
  なお、身体障害者手帳に「個人番号」は記載されません。

 下記様式に個人番号の記載欄が追加されました。

  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 身体障害者手帳再交付申請書
  • 身体障害者居住地(氏名)変更届書
  • 身体障害者手帳返還届書

     様式はこちらからご覧ください。 ⇒ 様式集

    身体障害者手帳について