長野県立総合リハビリテーションセンター

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2016年8月30日

車いすからトイレへの移動

ここでは、身体障害者用の小判型便器と、手すりがある場合の便器への移動について解説いたします。

速やかにトイレの便座に移動する

1.車いすで接近

車いすで接近

トイレに向かって前向きに車いすをつける。

2.足を広げて用意

足を広げて用意

フットレストを起こし、両足をフットレストの外に出す。

3.体を接近

体を接近

両手で手すりを持ってお尻の位置を前に少し出す。

4(ア).交互移動1~右側の前進

交互移動1~右側の前

左手で手すりをしっかりつかみ、右手でひざを持ち上げて右足を前に移動する。

4(イ).交互移動2~左側の前進

交互移動2~左側の前進

右手で手すりをしっかりつかみ、左手でひざを持ち上げて左足を前に移動する。

5.全体移動

全体移動

両手でしっかり手すりをつかみ、お尻を前に移動させる。

6.移動完了

移動完了

足の位置をなおし、姿勢を正す。

ポイント

  • 前方に移動するときは、胸を前に突き出すように移動すると前に進みやすい。
  • 下肢で支えられる方がひとりで便器に移動する方法をご紹介します。

 

下肢で支えられる方の移動方法です

1.車いすを接近させる

車いすを接近させる

トイレの横に車いすを約30度~45度の位置につける。ブレーキをかけ、フットレストを上げて足をおろす。

2.移動開始

移動開始

便座と車いすのアームレスト(ひじ掛け)に手をかけて、お尻の位置を前にずらす。

3.手すりなどをつかむ

手すりなどをつかむ

トイレの手すりと車いすのアームレスト(ひじ掛け)をしっかりとつかむ。

4.便座へ移動

便座へ移動

手の位置をかえて便座に移る。

5.移動終了

移動終了

姿勢を正す。

ポイント

  • 腕の力がないと、お尻が落ちたりする危険性があるため注意する。

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?