ホーム > 申請・手続 > 生活安全の届出 > 郵送または代理人による猟銃等講習会の受講申し込みをする場合の手続き 経験者講習

ここから本文です。

更新日:2016年6月27日

郵送または代理人による猟銃等講習会の受講申し込みをする場合の手続き
経験者講習

証紙の額3,000円

1まず、請者ご本人が、住所地を管轄する警察署に電話でお申し込みください。

  • 住所・氏名・受講希望会場をお伝えください。
  • 空き状況確認できたら、予約を受付けます。

2受付が済みましたら、申請者ご本人が申請書類を作成し、郵送または代理人に依頼してください。

作成する書類

郵送による申請の場合には、書類を郵送する外封筒に赤字で「銃砲申請」と記載してください。

猟銃等講習受講申込書(PDF:11KB)(郵送、代理人共通)

  • 2部印刷し、黒枠で囲まれた部分(住所・氏名・希望会場等)を2部とも記入してください。
  • 収入証紙を余白に、顔写真を所定の位置に貼付してください。
  • 収入証紙は最寄りの売りさばき所で購入してください。
    収入証紙の額は3,000円です。
    収入印紙と間違えないようにしてください
  • 写真の大きさは縦3センチメートル、横2.4センチメートル

郵送する書類(郵送による申請の場合のみ)

  • 猟銃等講習受講申込書(正本1枚のみ)
    2枚ダウンロードしたうち、収入証紙を貼付した1枚のみを郵送してください。
  • 返信用の封筒は不要です。
  • 2枚目はご自身で保管し、講習会当日に忘れずにお持ちください

委任状(代理人による申請の場合のみ)

  • 代理人の住所、氏名、生年月日、連絡先
  • 委任年月日、委任する申請の内容
  • 委任者(申請者)の住所、氏名、生年月日、連絡先
  • 委任者(申請者)の押印

を満たしていれば、委任状の様式は問いません。

3申請者から依頼を受けた代理人が、申請者の住所地を管轄する警察署に申請します。

代理人が持参する書類

猟銃等講習受講申込書(申請者が作成したもの)2部

委任状(申請者が作成したもの)

代理人の身分を確認する書類(提示書類)

  • 運転免許証
  • 戸籍謄本または抄本
  • 住民票または住基カード
  • 国民健康保険等の被保険者証
  • パスポート、など

4代理人に、猟銃等講習申込書の副本をお渡しします。

  • 講習当日、申込書の副本を持参してください
  • 当日は30分前(午前9時30分)には、会場にお越しください。

警察署の住所、電話番号

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

長野県警察本部生活安全部生活安全企画課
電話:026-233-0110(代表)