ホーム > 申請・手続 > 生活安全の届出 > 風営法の関係法令が一部改正されました

ここから本文です。

更新日:2016年6月23日

風営法の関係法令が一部改正されました

風営法及び風営法施行条例の一部改正(平成28年6月23日施行)

風営法の改正の概要

  • 風俗営業の定義から「ダンス」という文言が削除されました。
  • 4号営業(ダンス営業)が風営法の規制対象から除外されました。
  • 深夜に、客に遊興をさせ、客に酒類の提供を伴う飲食をさせる営業を「特定遊興飲食店営業」として新設し、許可制としました。

※法改正により号ズレが生じますが、許可証の書替えは不要です。

※特定遊興飲食店営業を始めようとする場合は許可申請が必要です。

風営法等改正

「風俗営業者」及び「特定遊興飲食店営業者」の深夜における規制(新設)

  1. 深夜における客の迷惑行為を防止するための措置をとらなければならない。
    ・営業所の周辺において他人に迷惑を及ぼしてはならない旨の書面の掲示や書面の交付
    ・営業所の周辺において他人に迷惑を及ぼしてはならない旨を客に口頭で説明
    ・泥酔した客に対して酒類を提供しない
    など6項目を規定
  2. 営業所ごとに、深夜の苦情処理に関する帳簿を備え付け、必要な事項を記載し、苦情の適切な処理に努めなければならない。
    ・苦情を申し出たものの氏名、連絡先の記載、改善措置、担当者の氏名等を記載

風営法施行条例の改正の概要

  1. 特定遊興飲食店営業の営業所設置許容地域等について規定しました。
  2. ゲーム営業における18歳未満立入らせ制限についての規定を改正しました。

1

 

特定遊興飲食店を営業できる場所は、

  • 政令の基準に基づき条例で営業所設置許容地域として指定した地域
  • ホテル等内適合営業所(県下全域)

に限られます。

条例で定める特定遊興飲食店営業の営業所設置許容地域

(風俗営業の営業延長許容地域と同一地域)

風営地域

2


ゲームセンターへの年少者の立ち入らせについて、

  • 「午後6時から午後10時前までの時間において16歳未満の者を営業所へ客として立ち入らせるときは、保護者の同伴を求めなければならない」

と規定しました。


  • これまでは、午後6時以後、16歳未満の者のゲームセンターへの立ち入らせを禁止していましたが、条例改正により保護者同伴の場合は立ち入らせ可となりました。
  • 施行日(6月23日)から、営業所の入り口にその旨を表示する必要があります。
表示例
  • 18歳未満の方は、午後10時以後は立入り禁止です。
  • 16歳未満の方は、午後6時以後立入り禁止です。(保護者同伴の場合を除く)

チラシはこちら

風営法チラシ(PDF:65KB)

 


風営法の関係法令が一部改正(平成23年1月1日施行)

  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行令
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例

風営法の目的

  • 善良の風俗と清浄な風俗環境の保持
  • 少年の健全な育成に障がいを及ぼす行為の防止
  • 風俗営業の健全化促進

1俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行令の改正概要

1出会い系喫茶営業を規制対象に追加

いわゆる出会い系喫茶が店舗型性風俗特殊営業として規制されます(施行令第5条関係)

いわゆる出会い系喫茶営業とは、店舗を設けて、専ら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際(会話を含む。)を希望する者に対し、面会の申込みを当該異性に取り次ぐこと又は当該店舗内に設けた施設において面会する機会を提供することにより異性を紹介する営業をいいます。

18歳未満NO!

【店舗型性風俗特殊営業】

  • 1号営業・・・ソープランド
  • 2号営業・・・ファッションヘルス
  • 3号営業・・・ストリップ劇場
  • 4号営業・・・モーテル、ラブホテル等
  • 5号営業・・・アダルトショップ等
  • 6号営業・・・出会い系喫茶(改正により追加)

2ラブホテル等営業の範囲の拡大

ラブホテルの要件が追加され、モーテルの要件が拡充されました(施行令第3条関係)

ラブホテル

専ら異性を同伴する客の宿泊(休憩を含む。)の用に供する施設(※印は改正された要件です

組み合わせ1
  • 狭小な食堂・ロビー
  • 休憩料金の表示※
  • 玄関等の遮へい※
  • 回転・振動ベッド
  • 特定用途鏡
  • 専ら異性を同伴する客の性的好奇心に応ずるため設けられた設備
  • アダルトグッズ自販機等
組み合わせ2
  • フロント等の遮へい措置※
  • 客が従業者と面接しないでその利用する個室に入ることができる施設(客室案内板等)※
  • 自動精算機等※

モーテル

専ら異性を同伴する客の宿泊(休憩を含む。)の用に供する施設(※印は改正された要件です

組み合わせ
  • 狭小な食堂・ロビー
  • 休憩料金の表示※
  • 玄関等の遮へい※
  • フロント等の遮へい措置※
  • 客が従業者と面接しないでその利用する個室に入ることができる施設(客室案内板等)※

客の使用する自動車の車庫と個室が接続する構造

客の使用する自動車の車庫と個室が近接し、個室が車庫に面する外壁面、又は当該外壁面に隣接する外壁面に出入口を有する構造
客の使用する自動車の車庫と個室との通路に主として用いられる廊下、階段等の施設に通ずる出入口を有する構造

18禁自動車

ページの先頭へ戻る

2店舗型性風俗特殊営業の規制

営業禁止区域・地域

店舗型性風俗特殊営業の営業禁止区域は、

  • 一団地の官公庁施設、学校、図書館、児童福祉施設など
  • 都道府県の条例で定めるもの(公民館、博物館、病院、都市公園など)

の敷地の周囲200メートルの区域

プラス

《風営法第28条第2項を受け、条例で定める営業禁止地域》

1号営業・・・ソープランド

→長野市及び松本市の一部除外地域を除く県下全域

2号営業・・・ファッションヘルス

→長野市及び松本市の一部除外地域を除く県下全域

3号営業・・・ストリップ劇場

→商業地域以外の地域

4号営業・・・モーテル

→長野市の一部除外地域を除く県下全域

ラブホテル

→長野市及び松本市の一部除外地域を除く県下全域

5号営業・・・アダルトショップ等

→長野市及び松本市の一部除外地域を除く県下全域

6号営業・・・出会い系喫茶

→長野市及び松本市の一部除外地域を除く県下全域

6号営業は改正により、規定された内容です)

広告宣伝規制

営業禁止区域及び地域内では、広告宣伝をすることはできません。

営業時間規制

深夜(午前零時から日出時までの時間をいう。)は営業を営むことはできません。(4号営業を除く.。)

その他の規制

  • 18歳未満の者が営業所に立ち入ってはならない旨を営業所の入り口に表示
  • 届出確認書の備え付け
  • 従業者名簿の備え付け

など

ページの先頭へ戻る

3届出について

届出に必要な書類

  • 営業開始届出書
  • 営業の方法を記載した書類
  • 営業所の使用について権原を有することを疎明する書類
    (建物の登記事項証明書、賃貸借契約書、使用承諾書)
  • 営業所の平面図及び周囲の略図
  • 住民票(本籍又は国籍が記載されたもの)の写し
  • 法人の場合は、定款、法人に係る登記事項証明書及び役員に係る住民票、外国人登録証明書の写し

届出をして、届出確認書を交付するにあたり、事務手数料を徴収します。(長野県警察関係許可等手数料徴収条例)

区分

金額

書面交付
手数料

新規届出

店舗型性風俗特殊営業又は店舗型電話異性紹介営業の場合

11,900円

無店舗型性風俗特殊営業で受付所を設けようとする場合

3,400円と8,500円に受付所の数を乗じて得た額との合計額

上記以外の無店舗型性風俗特殊営業、その他の性風俗特殊営業の場合及び既営業者の場合

3,400円

変更届出

受付所の新設に係る変更の場合

1,900円と8,500円に当該新設に係る受付所の数を乗じて得た額との合計額

上記以外の変更の場合

1,500円

書面再交付手数料

1,200円

4知らせ

  • 風営法施行規則の一部改正では、様式の一部が改正されました。
  • 風営法施行条例の改正では、風営法施行令の一部改正で店舗型性風俗特殊営業とされた、いわゆる出会い系喫茶営業の営業禁止地域を規定する改正がされました。

このページは改正概要に関する「あらまし」です。

改正法令の詳細につきましては、

  • 長野県警察本部生活安全企画課話:026-233-0110
  • 各警察署の生活安全課(生活安全第二課、生活安全・刑事課)

にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

長野県警察本部生活安全部生活安全企画課
電話:026-233-0110(代表)