ホーム > フォトニュース > 県警フォトニュース2018年5月

ここから本文です。

更新日:2018年6月15日

県警フォトニュース2018年5月

定例記者会見発表事項

場所:県庁9階会議室

平成30年4月26日の定例記者会見における発表事項は以下のとおりです。

  • 「自転車事故防止対策強化期間」の実施(交通部)

官民連携によるテロ対策訓練の実施~G20やラグビーW杯に備えて~

5月22日、上田駅及びその周辺で官民連携によるテロ対策訓練が実施されました。
の訓練は、2019年G20サミット、ラグビーW杯、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会等を控え、テロの未然防止、対処能力向上を目的として行われ、県警や消防、市役所、鉄道会社など約140人が参加しました。
練は、上田駅自由通路にあるベンチ付近で爆発があり、複数のけが人が出ているとの想定で行われ、現場急行した警察官が駅関係者とともに、駅利用者や通行人の避難誘導を行い、負傷者の救護活動を行いました。
せて県警機動隊の爆発物処理班が自由通路のベンチの上に置かれていた不審物件を爆発物と確認し、回収するまでの訓練を行いました。

上田駅テロ訓練

佐久警察署新庁舎完成

5月16日、佐久警察署落成式が挙行されました。
久警察署新庁舎は、平成27年12月に建設工事に着手し、平成30年3月に完了しました。
藤警察本部長は式辞の中で、「関係者の皆様の深いご理解と暖かいご協力を賜り、本日、落成の運びとなりました。新庁舎は、地震・災害に強く、人に優しく、環境に配意した構造とし、さらに警察業務が効率的に行える機能を併せ備えた理想的な建物となっている。勤務する署長以下署員も、警察署が今まで以上に地域の皆様の期待と信頼に応えられる警察活動の拠点となるよう、決意を新たにしているところでございます。」と挨拶しました。

佐久警察署落成式

交通事故防止を推進した事業所を表彰~第40回プロドライバー事故防止コンクール~

5月11日、「第40回プロドライバー事故防止コンクール表彰式」が開催されました。
ロドライバー事故防止コンクール実行委員会は、バス事業者60事業所、トラック事業者504事業所、タクシー事業者110事業所、個人タクシー2事業所の合計676事業所が参加しています。
平成29年7月1日から12月31日までのコンクール実施期間中、交通事故の発生がゼロであったなど、業務中の交通事故防止を推進した事業所がそれぞれ特別表彰等を受賞しました。

優秀賞18

秀賞50社

良賞50

交通事故防止を推進した事業所を表彰

浸水被害に備え災害救助訓練実施~第二機動隊災害警備訓練(ボート訓練)~

5月9日、「野尻湖」において、第二機動隊災害警備訓練(ボート訓練)を実施しました。
の訓練は、近年、台風や前線の発達に伴う大雨により、全国的に土砂災害や河川の氾濫等による浸水被害が数多く発生している現状を踏まえ、災害時等に活用可能な舟艇(ゴムボート)が配置されている所属を対象に実施したものです。
の日は「野尻湖」のボート乗り場で、長野中央署など東北信を中心とした9署39名の災害時に出動する第二機動隊員が訓練に参加し、オール操法及び船外機使用による操船要領や捜索・救出救助要領を学びました。
た、5月11日には、中南信署を中心とした10署41名を対象に「諏訪湖」ヨットハーバーにおいても同様の訓練を実施しました。

第二機動隊災害警備訓練

危険業務従事者叙勲25名が受章~第30回危険業務従事者勲章伝達式~

5月8日、県庁において、第30回危険業務従事者勲章伝達式が開かれました。
回は、村松正幸さんほか24名が瑞宝双光章又は瑞宝単光章を受章され、内藤警察本部長が勲記と勲章の伝達を行いました。
藤警察本部長は、「昨今は、経験年数が浅い職員の割合が増加し、急速に世代交代が進むなど大きな変化に直面しており、若手職員の職務執行力の底上げを図ることが急務になっております。今後とも、豊富な知識と経験をお持ちの皆様から、私ども後輩に対し、一層の御指導をいただきたい。」と挨拶しました。

第30回危険業務従事者勲章伝達式

お問い合わせ

長野県警察本部警務部広報相談課
電話:026-233-0110(代表)