ホーム > フォトニュース > 県警フォトニュース2017年10月

ここから本文です。

更新日:2017年11月14日

県警フォトニュース2017年10月

定例記者会見発表事項

場所:県庁9階会議室

平成29年9月19日の定例記者会見における発表事項は以下のとおりです。

 

高齢者交通事故防止のための電池式LEDライト1800個寄附

10月26日、県庁において、電池式LEDライトの寄附に対する受贈式が開かれました。
一財)長野県自家用自動車協会から「高齢者の交通事故防止活動に役立てて欲しい。」と寄附の申出があったもので、本年で3年目となります。
年は、高齢歩行者が交通事故に遭わないように願いを込め、ライトに『交通安全「私から!」』の標語を入れ、同協会加藤理事長は「散歩の時は、必需品として使っていただきたい。今後も続けて支援していきたい。」と話しました。
贈された電池式LEDライトは、県と県下22警察署が指定した「高齢者交通安全モデル地区」内において、交通安全教育を受けた高齢者に配布する予定です。

電池式ledライト

第27回暴力追放長野県民大会

10月25日、上田市のサントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)において、第27回暴力追放長野県民大会が開催されました。
会の中で内藤浩文警察本部長は、「県内においても暴力団情勢は複雑化、流動化しており、予断を許さない状況にあります。暴力団の存在を許さないという信念のもと、社会が一体となって暴力団排除に取り組むことが重要。」と挨拶しました。
た大会では、暴力追放活動に功労があった団体の表彰や、平成29年度暴追ポスター及び暴追標語入選者の表彰が実施されました。

暴追大会

ガス事業者と連携した特殊詐欺防止活動

10月23日、県庁において、ガス事業者対象の特殊詐欺被害防止啓発活動研修会が開催されました。
野県警察は、平成24年から地域安全活動に関する協定を長野県ガス協会及び長野県LPガス協会と締結しており、今回、「安全・安心エネルギー供給キャンペーン」として、両協会と連携し特殊詐欺被害防止のための広報啓発活動を行います。
修会では、内藤浩文警察本部長が「昨年の特殊詐欺被害認知件数は、215件と2年連続で200件を超え、9月末の認知件数も昨年とほぼ同水準で被害が発生し、依然として厳しい情勢にあります。このような中、県民のライフラインの一端を担う事業者の皆様が被害防止活動に御協力をいただけることは、県警察として大変心強く感じております。」などと挨拶し、その後の研修会では、県内の特殊詐欺の発生傾向やその手口、県警の特殊詐欺抑止対策等についての研修が行われました。

ガス事業者を連携した特殊詐欺防止活動

殉職警察職員慰霊祭

10月18日、長野市花岡平の長野県殉職警察職員慰霊碑前で、中島副知事、垣内県議会議長、日置長野県公安委員会委員長等多くの来賓が参列し、「長野県殉職警察職員慰霊祭」が開催されました。
藤浩文警察本部長は式辞で、「県民の生命、身体、財産そして法秩序を守るため、積極果敢に職務に従事され、警察職員としての真の誇りと使命感を、その身をもって県民に示された崇高な行為に対し、ここに改めて哀悼のを捧げます。」と殉職警察職員の功績を称え、参列者は、その御霊を慰めるため、献花を行いました。

殉職警察職員慰霊祭

交通安全教育技能コンクール

10月16日、県庁において、第5回長野県警察交通安全教育技能コンクールが開催されました。
コンクールは、日本一安全・安心な長野県を目指し、県民の交通安全意識の高揚と交通事故抑止に資する効果的な交通安全教育を実施するため、警察職員の交通安全教育技能の向上を目的として開催しているものです。
下22警察署の各地区予選を通過するなどした7警察署が出場し、開催テーマ「管内の交通情勢に応じた実践的な交通安全教育」に基づき、寸劇等の手法を取り入れた交通安全教育技能を競いました。
ンクールの結果は、以下のとおりです。

最優秀賞 長野中央警察署「交通安全お守りし隊」 テーマ「いきいき高齢者アドバイス作戦」

優秀賞 諏訪警察署 「チームすわっ子」 テーマ「交通安全 私から みんなに安全プロジェクト」

優秀賞 駒ケ根警察署 「チームこまポリス」 テーマ「高齢者の事故防止」

交通安全教育技能コンクール

永年勤続・優秀警察職員表彰式

10月13日、県庁において、平成29年永年勤続・優秀警察職員表彰式が開催され、30年にわたって警察職務に精励した職員44名に永年勤続警察職員表彰、勤務成績が優秀な職員40名に優秀警察職員表彰がそれぞれ授与されました。
内藤警察本部長は、1994年の松本サリン事件、2014年の御嶽山噴火災害などをあげ「獲得した知識、技能を後輩にしっかり伝承してほしい。」と式辞しました。
賞者を代表し、原少年課長が「受賞を励みとし、今後も与えられた職責を果たし、日本一安全で安心な長野県をめざして職務に邁進します。」と謝辞を述べました。

永年勤続・優秀警察官表彰

長野県公安委員会委員の再任

10月13日、県庁において、山浦悦子長野県公安委員会委員の再任に伴う辞令交付式が執り行われました。
浦氏の委員任期が平成29年10月11日で満了するところ、同年10月12日付けで再任されました。
浦氏は、同日から平成32年10月11日までの3年間の任期となり、今回で3期目となります。

公安委員会委員の再任

翔べ!警察犬ベック!

10月10日、長野市にある長野県警察本部刑事部鑑識課直轄警察犬訓練所において、直轄警察犬の訓練を取材しました。
材した警察犬は、シェパードの「ビートル・オブ・S.ウイスタリア」、愛称「ベック」、オス5歳です。
ックは、粘り強い探求活動が得意で人当たりが良い看板犬です。察犬は、その優れた能力を生かし、逃走犯人の追跡や行方不明者の捜索を行う足跡追及活動をはじめ、様々な警察活動に従事しています。ックは、今日も、日本一安全・安心な長野県をめざして、厳しい訓練に励んでいます。

警察犬ベック

全国優良警察職員表彰

10月6日、本年度の全国優良警察職員表彰式が行われ、本県では、

長野南警察署刑事課刑事第一係長

芹 澤 幸 文 警部補

が「警察庁長官賞詞」を受賞し、10月13日、内藤浩文警察本部長に受賞報告をしました。

芹澤警部補は、在職31年のうち、その大半を刑事部門で勤務し、豊富な経験の中で培った知識と卓越した実務能力により優れた実績を上げたものです。
芹澤警部補は、「被害者の無念を晴らすのが大前提。被害者からの感謝の言葉が支えになっている。」などと刑事としての使命感を語るとともに、「同じ思いを持つ刑事を一人でも多く育てていくことが今後の目標。」などと後継者の育成について熱く語りました。

全国優良警察職員表彰

防犯ポスターで安全・安心を 

10月5日、長野県庁において、公益社団法人長野県防犯協会連合会及び長野県警察本部主催の平成29年度防犯ポスターコンクールが開催されました。
犯ポスターは、県内の小学校269校から6,633点、中学校79校から1,859点の合計8,492点の応募があり、県下警察署・地区防犯協会で予備審査を経て入選した171点の最終審査を行いました。
終審査の結果、6点の作品が知事賞などに決定しました。

防犯ポスターコンクール

警察本部長杯優勝チームが表敬訪問

10月5日、「2017年度リトルリーグ信越連盟大会兼第26回長野県警察本部長杯・新潟県警察本部長杯」優勝チームによる警察本部長表敬訪問が行われました。
年度の優勝チームは、松本南リトルリーグで、同チームの選手、監督・コーチ等約20名が警察本部を訪れ、内藤浩文警察本部長に優勝報告をしました。

警察本部長杯優勝チームが表敬訪問

新人警察官12名入校

10月5日、長野県警察学校において、初任科第163期生12名(男性10名、女性2名)の入校式が行われました。
入校式において、内藤浩文警察本部長は、心構えとして、「治安の維持という警察の責務の重要性を自覚し、治安を守るプロとして実務能力の習得に努めてもらいたい。」などと訓示しました。
校生代表で宣誓をした島立雅也巡査は、「地元消防団の経験から、地域の人を守る仕事がしたいと考えた。山岳遭難救助隊員を目指し、山の安全を守りたい。」などと話し、浦野麻里奈巡査は、「小学生のころに落とし物を届けたときの交番の優しい警察官に憧れた。誰もが安心して暮らせる社会を作りたい。」と、それぞれ目標を話しました。

163期入校式

上田警察署主催ふれあいフェスティバル開催

10月1日、アリオ上田にて警察と市民のふれあいを目的とした上田警察署主催「ふれあいフェスティバル」が開催されました。
田原署長と信州おもてなし武将隊真田幸村公によるパフォーマンスや白バイ、パトカー等の警察車両の展示、子ども用制服の試着、交通安全体験コーナー、特殊詐欺被害防止の啓発活動など様々な催し物が上田署員によって行われ、市民との交流を深めました。
た、警察音楽隊及びカラーガード隊による演奏・演技が行われ、イベントに華を添えました。

上田ふれあいフェスティバル

選挙に伴う警察署長会議の開催

10月10日に公示される衆議院議員総選挙に伴い、10月1日、長野県庁において、警察署長会議が開催されました。
催に当たり、日置勇二長野県公安委員会委員長が訓辞で、「適正捜査を基本として、人権を尊重しつつも徹底した取締りにより、県民の期待に応えていただきたい。」などと述べました。
いて内藤浩文警察本部長が訓示で「不偏不党・厳正公平な違反取締りの徹底、選挙運動及び政治活動の自由の確保と適正捜査の推進、選挙の施行に伴う不測の事案の防止、要人警護の徹底」の4点について指示し、意思統一を図りました。

選挙に伴う署長会議

お問い合わせ

長野県警察本部警務部広報相談課
電話:026-233-0110(代表)