ホーム > フォトニュース > 県警フォトニュース2017年7月

ここから本文です。

更新日:2017年8月9日

県警フォトニュース2017年7月

定例記者会見発表事項

場所:県庁9階会議室

平成29年6月22日の定例記者会見における発表事項は以下のとおりです。

  • 「第50回交通安全子供自転車長野県大会」の開催(交通部)

無線による連携を競う

7月13日と14日の2日間にわたり、警察学校において、県下22警察署の警察官が参加した県下通信指令・無線通話技能競技会が開催されました。
技会は、傷害事件の発生等の想定事案に基づき、警察官2名1組で、「現場警察官役」と「警察署通信室員役」に分かれて、事件発生の認知から現場対応、警察署との無線連絡等、迅速正確な情報伝達と初動捜査の技能を競いました。

警察協力章受章者の決定

7月13日、県警察本部において、警察部外功労者に対する警察協力章の伝達式が行われました。
協力章は、多年にわたり警察活動に協力し、多くの功労があった方に対して警察庁長官から贈られる表彰であり、本年は、全国で41名の方が受章されました。
野県では、昭和39年に南アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会救助隊員に委嘱されて以来、53年間の長きにわたり、南アルプス北部地区を中心とした山岳遭難に出動し、警察の救助活動に尽力された西村和美氏が受章されました。
西村和美氏は、伝達式後の記者会見で、登山者に対し、「決して無理をせず、引き返す勇気を持ってもらいたい。」と注意を呼びかけました。

協力章

日置新公安委員長就任

7月13日、県警察本部において、日置勇二氏の長野県公安委員長就任会見が行われました。
置委員長は、記者会見で、「長野県警は、今年から『日本一安全・安心な長野県をめざす』という高い目標を掲げた。長野県の特長である『健康長寿』に『安全・安心』が加われば、一層住みやすく魅力的な県になる。この高い目標に向けて頑張ってほしいと、警察を激励していきたい。」と抱負を語りました。

JICA研修生の視察

7月10日から11日にかけて、JICA研修生の視察団が長野県警察の地域部門等の視察に訪れました。
界14か国の警察官で構成された視察団は、通信指令課や長野中央警察署等を見学に訪れ、警察の装備品やインフラについて担当者から説明を受け、熱心に耳を傾けていました。視察団員からは、それぞれの国の警察機構とは異なる部分や国は違えども共感する部分について、意見や質問が活発に挙げられていました。
回の視察での成果が、研修生の帰国後、各国の警察制度の整備に生かされることが期待されます。

第50回交通安全子供自転車長野県大会

7月8日、松本市総合体育館において第50回交通安産子供自転車長野県大会が開催され、県下各地区代表校の小学生が参加し、技術を競いました。
大会は、長野県交通安全協会や長野県警察の主催で、交通規則や道路標識・標示を問う学科テスト、自転車の正しい乗り方と安全な走行を評価する安全走行テスト及び自転車の乗り方の熟練度を評価する技能走行テストそれぞれの合計点で順位を競います。
体の部では、高山村立高山小学校が9回連続9回目の優勝を果たしました。
高山小学校は、8月9日(水曜日)に東京ビッグサイトで開催される全国大会に出場します。

自転車

お問い合わせ

長野県警察本部警務部広報相談課
電話:026-233-0110(代表)