• 文字サイズ・色合いの変更
  • Foreign Language

ホーム > フォトニュース > 県警フォトニュース2016年12月

ここから本文です。

更新日:2016年12月28日

県警フォトニュース2016年12月

定例記者会見発表事項

場所:西庁舎112号室

平成28年11月24日の定例記者会見における発表事項は以下のとおりです。

  • 年末特別警戒及び年末の交通安全運動の実施(生活安全部)

スキーバスの安全運行を~バス運行会社に対する事故防止啓発を実施~

曽警察署では、12月19日、木曽町三岳県道20号線沿いにおいて、名古屋駅からチャオスキー場まで新規の定期路線運行を予定しているバス会社のドライバー等に対して安全運行についての指導啓発を実施しました。
都内のバス会社「(株)ジャムジャムエキスプレス」は、9名の社員乗務員が運転研修も兼ねての試験運行の途中に立ち寄り、木曽警察署員、木曽建設事務所員とともに、1月15日に発生した軽井沢ツアーバス事故犠牲者を追悼し、黙祷を行うとともに、安全運転の励行と事故防止を誓いました。

バス会社に対する事故防止啓発

飲酒運転撲滅リレー作戦~木曽かめ君が木曽郡内の企業訪問~

曽警察署では、木曽交通安全協会等と協働して年末の交通安全運動実施中の12月16日、恒例の『木曽かめ君』リレーを実施しました。
交通事故が多発する国道19号大桑道の駅での交通指導所を開設してドライバーに安全運転を呼び掛けるとともに、郡内6社の企業を訪問して年末年始の忘新年会シーズンにおける飲酒運転撲滅を訴えました。

木曽かめ君

電話対策で詐欺を撃退~高齢者宅訪問で特殊詐欺抑止対策用機器の設置~

曽警察署では、警察本部長と「地域安全活動に関する協定」を締結している長野県電機商業組合木曽支部と連携して、12月13日、木曽町内の高齢者宅を訪問し、特殊詐欺抑止対策機器を設置しました。同機器は、留守番電話自動録音、非通知電話着信拒否などの機能を有し、詐欺、悪質勧誘商法などの対策に効果がある機器として、同支部でもチラシを配布して設置を呼びかけているものです。また、1カ月前に設置したお宅にも訪問し、「しつこい勧誘の電話もかかってこなくなった。とても助かっている。」と利用者本人から設置の効果も確認することができました。

詐欺抑止対策用機器

運転技能を再認識~木曽警察署で高齢運転者技能講習を実施~

曽警察署では、年末の交通安全運動実施中の12月9日、木祖村役場駐車場において高齢運転者対象の安全運転技能講習を実施しました。
国、全県的にも高齢運転者による交通事故が連続発生していることから、安全運転励行の再認識と自らの運転技能の低下を自覚し、見直しをする機会を提供することを目的として、木祖村、木曽町から60~80歳代24名の高齢運転者が受講しました。
講者は、同乗した署員の指導を受けて、「安全確認や運転方法など自己流になっているとわかった。注意して運転したい。」など、安全運転を誓っていました。

木曽署高齢運転者技能講習

多年にわたる協力に感謝~警察功労者特別表彰の贈呈~

12月8日、多年にわたって警察活動にご協力をいただいている方々に、尾﨑警察本部長が感謝状(警察功労者特別表彰)の贈呈を行いました。
の表彰は、警察本部長が感謝の意を表して贈る最上位の表彰で、本年は8名の方が受賞されました。

≪受賞者≫
察活動支援功労 黒柳 貞夫 様
防犯功労                 横山 裕行 様
                                 井 信之 様
岳遭難救助功労 島田     良 様
                                   千村     稔 様
体検案功労         太田 篤子 様
交通安全功労         平沢 久志 様
                                   田中 晃美 様

本部長感謝状

年末防犯・飲酒運転防止啓発イベント~シンクロ日本代表の箱山愛香さんがゲストで登場~

野中央警察署、長水防犯協会連合会、長野交通安全協会は、12月8日、長野駅前において、加藤長野市長を来賓に迎え、年末防犯・飲酒運転防止街頭啓発イベントを開催しました。
会式では、加藤長野市長と山口長野中央警察署長があいさつをし、イベントでは、長野県警察音楽隊の演奏とカラーガード隊のドリルや箱山愛香さんによる防犯・飲酒運転防止宣言が行われ、参加団体等とともにチラシ等を配布した街頭啓発活動を行いました。

年末警戒

平成29年長野県警察カレンダー完成~AC長野パルセイロレディース選手を起用~

警広報相談課では、特殊詐欺被害防止活動をするなど、地域密着型スポーツクラブとして活動しているAC長野パルセイロレディースの選手にお願いをし、「平成29年版長野県警察カレンダー」を作成しました。
カレンダーのモデルとなっているのは、右から

本 理保選手(DF、キャプテン)
山 久美選手(FW、なでしこジャパン選手)
口 美也選手(DF)

の3選手です。

同チームは、なでしこリーグ1部昇格1年目で第3位という好成績を収め、まさに「長野旋風」を巻き起こしました。
長野県警察は、地元長野の女性達の活躍に共感し、平成29年も強くしなやかな警察を目指して県民生活の安全確保にあたります。

※カレンダーの販売は終了しています。

カレンダー

本田技研と協定を締結~「交通安全対策の推進に関する協定」締結式の開催~

12月6日、長野県警察本部と自動車大手メーカーの本田技研工業株式会社は、交通安全の一層の普及を目指すため、「交通安全対策の推進に関する協定」を締結しました。
結式では、北原久弘交通部長と同社安全運転普及本部の原田洋一事務局長が、協定書に調印しました。協定に基づき、今後、ホンダ車両に搭載されたカーナビゲーションシステムに集積された急ブレーキ多発地点などの情報を県警に提供し、県警では同情報を事故分析等に活用する予定です。原田事務局長は、「県警との連携が少しでも交通安全、交通事故撲滅につながれば」と話しました。

本田締結式

駅伝選手が活躍!~第13回関東警察駅伝・ロードレース大会で長野県警察が活躍~

12月1日、埼玉県の彩湖周辺道路において、「関東警察駅伝・ロードレース競走大会」が開催され、長野県警察の代表選手が活躍しました。
会は、「駅伝」と「ロードレース」に別れており、駅伝の部では、警視庁、神奈川県警、埼玉県警の大規模警察に続く総合「第4位」という好成績を収めました。
伝は1チーム6人(女性1、男性5)で構成され、第5位の静岡県警とはアンカー勝負となり、デットヒートの末1秒差で見事第4位を勝ち取りました。
伝選手はもちろん、訓練員全員が心のタスキをつなげ、見ている者に感動を与えるレースとなりました。ロードレースでは、女性警察官1名、男性警察官5名が出場し、それぞれ全力を出し切り、ゴールしました。

駅伝大会

お問い合わせ

長野県警察本部警務部広報相談課
電話:026-233-0110(代表)