• 文字サイズ・色合いの変更
  • Foreign Language

ホーム > フォトニュース > 県警フォトニュース2016年11月

ここから本文です。

更新日:2016年12月15日

県警フォトニュース2016年11月

定例記者会見発表事項

場所:議会棟404号会議室

平成28年10月20日の定例記者会見における発表事項は以下のとおりです。

元気いっぱいの園児たちが笑顔で訪問~幼稚園児が警察本部長を感謝訪問~

11月25日、信学会昭和幼稚園の園児32名が警察本部を訪れ、尾﨑警察本部長に花を、西口警務部長にカレンダーを手渡して、「いつもありがとう。」と大きな声であいさつし、日ごろの警察活動への感謝を伝えました。
﨑本部長は、お礼の言葉をのべ、文房具などのプレゼントを贈りました。

幼稚園児感謝訪問

リクルーティング・サポーター指名式

11月25日、県庁において、警察官募集活動を推進する「リクルーティング・サポーター」の指名式が行われ、若手警察職員101人(男性72人、女性29人)を指名しました。
名された職員は、今後1年間、出身大学への訪問活動や後輩学生からの受験相談への対応、合格者に対するフォローアップ活動などを行います。

リク・サポ指名式

大規模災害交通規制訓練~大規模地震を想定した交通規制訓練を実施~

11月25日、震度6強の地震が発生したとの想定に基づき、交通規制課、交通指導課、高速道路交通警察隊、長野南警察署、長野市、東日本高速道路株式会社関東支社長野管理事務所合同による交通規制訓練を行いました。
練では、発動発電機取扱要領や手信号要領等を訓練したほか、ドローンを活用した多重事故現場での上空からの状況把握訓練、緊急交通路確保訓練、検問所開設訓練、信号機滅灯訓練等の実戦的な訓練が行われました。

大規模災害交通規制訓練

花火大会の安全を願って~長野えびす講煙火大会警備活動~

11月23日、晩秋の長野市に冬の訪れを告げる「第111回長野えびす講煙火大会」が行われ、約1万3千発の花火が夜空を彩りました。
長野中央警察署では、署長以下75名の態勢により、危険場所周辺での誘導や警戒などの雑踏警備対策を行い、訪れた約40万人の観客の安全を確保しました。

えびす講警備

高齢者の交通事故防止のために~電池式LEDライト受贈式~

11月21日、一般社団法人長野県自家用自動車協会から電池式LEDライト1,800個の寄附があり、受贈式を行いました。
原交通部長が加藤理事長から受け取りました。例年、薄暮時間帯から夜間にかけて歩行者の交通事故が増加傾向にあり、特に高齢歩行者が交通事故に遭わないようにと願いを込め、寄附されたことから、県下22警察署管内の「高齢者交通安全モデル地区」で実施する交通安全講習等において、受贈したLEDライトを高齢者に配布し、齢歩行者の交通事故防止に活用していきます。

ライト受贈式

秋の叙勲受章報告~瑞宝単光章(警察協力功労)受章者による警察本部長への受章報告~

成28年秋の叙勲で、長年にわたり山岳遭難救助に尽力をした功労で、北アルプス南部地区遭難防止対策協会救助隊長の山口孝さんが瑞宝単光章を受章し、11月14日、尾﨑警察本部長に受章報告を行いました。

秋の叙勲

第22回広報紙コンクール~交番・駐在所広報紙コンクールの実施~

11月10日、県庁において、地域警察官及び交番相談員が作成・発行した「ミニ広報紙」「交番・駐在所速報」のコンクールを実施しました。
査は、尾﨑警察本部長を審査委員長とし、公安委員、各部長等に加え、司法記者クラブ記者が、読みやすさや広報意図の明確性等を基準に総数82点の審査を行い、部門ごと金賞、銀賞、銅賞の3作品を選考しました。
部門の金賞受賞者は次のとおりです。

  • 地域警察官によるミニ広報紙部門
    佐久警察署協和駐在所 深澤栄治 巡査部長
  • 地域警察官による交番・駐在所速報部門
    長野中央警察署芋井駐在所 太田計佐廣 巡査部長
  • 交番相談員によるミニ広報紙部門
    木曽警察署木曽福島駅前交番 尾戸信夫 交番相談員
  • 交番相談員による交番速報部門
    長野中央警察署信州新町交番 柳澤栄助 交番相談員

広報紙コンクール

 

関東管区局優秀職員表彰~関東管区警察局優秀警察職員表彰の受賞~

11月9日、関東管区警察局において『関東管区警察局優秀警察職員表彰式』が挙行され、本県では、

  • 千曲警察署 刑事課刑事第一係長 増澤克朗 警部補
  • 小諸警察署 交通課交通係長 青木優治 警部補

が関東管区警察局長賞詞を受賞し、11月10日、尾﨑警察本部長に受賞報告を行いました。
澤警部補は、在職33年余のうち、その大半を刑事の窃盗捜査に携わり、青木警部補は、在職29年余のうち、その大半を交通部門で勤務し、それぞれ、その優れた実績が評価されました。
後の抱負として、増澤警部補は、「退職までに、全国をまたにかける大泥棒を捕まえたい」とその夢を語り、青木警部補は、「交通事故を一件でも多く減らしていく」と強い希望を語りました。

管区局優秀表彰

第27回危険業務従事者勲章伝達式

11月4日、長野県庁において、国家又は公共に対し功労のある、春秋叙勲対象以外の警察官を対象とした、危険業務従事者勲章伝達式が厳粛に挙行されました。
章伝達式では、尾﨑警察本部長が高畑幸敏氏ほか10名に瑞宝双光章、飯嶋國昭氏ほか14名に瑞宝単光章の勲章を手渡しました。

危険業務従事者表彰

暴力団 地域に入れぬ 厳しい目(最優秀暴追標語)~第26回暴力追放長野県民大会~

11月2日、松本市のキッセイ文化ホールにおいて、(公財)長野県暴力追放県民センター・長野県弁護士会・長野県・長野県警察・松本市・松本市暴力追放市民協議会が主催する「第26回暴力追放長野県民大会」が開催されました。
野県警察音楽隊・カラーガード隊による暴追コンサート、暴力追放活動功労団体・功労者・暴力追放ポスター・標語入選者に対する表彰、弁護士による基調講演が行われました。
会では、暴力団のいない安全で平穏な長野県』の実現に向けた大会宣言を行いました。

暴力追放長野県民大会


警備部長による通常点検~厳正な規律と旺盛な士気を養う~

11月2日、県庁屋上において、五十嵐警備部長による通常点検が実施されました。
常点検は、警察活動に必要な服装及び装備品を点検するもので、厳正な規律と旺盛な士気が養われるものです。
揮官である宇田川警備企画課長の号令の下、部隊員は機敏かつ活発な動作により、装備品の取り出しを行い、警備部長の点検を受けました。

警備部長点検

 

お問い合わせ

長野県警察本部警務部広報相談課
電話:026-233-0110(代表)