ホーム > 免許関係 > 改正道路交通法施行に関するお知らせ(高齢運転者対策)

ここから本文です。

更新日:2017年3月15日

改正道路交通法施行に関するお知らせ(高齢運転者対策)

高齢運転者対策の推進を図るための規定が整備されました

平成29年3月12日改正道路交通法施行

1齢者講習の合理化・高度化

更新期間が満了する日の年齢等

  • 75歳未満の方や75歳以上で認知機能検査で認知機能の低下のおそれがないと判定された方は、「合理化講習(2時間)」受講
  • 75歳以上の方で、認知機能検査の結果に基づいて認知機能が低下しているおそれがある方や認知症のおそれがある方は「高度化講習(3時間)」受講

改正道交法

認知症のおそれがある方は、後日、臨時適性検査を受け又は医師の作成した診断書を提出するものとされ、検査結果等により認知症と判断された場合は、運転免許の取消し又は停止となります。

2時認知機能検査及び臨時高齢者講習制度の新設

臨時認知機能検査

(1)臨時認知機能検査制度の新設

75歳以上で運転免許を持っている方が「認知機能が低下した場合に行われやすい一定の違反行為等(18違反行為)」をした場合、臨時の認知機能検査を受けることになります。

一定の違反行為(18違反行為)はこちら

(2)臨時高齢者講習制度の新設

18違反行為をして臨時の認知機能検査を受けた方で、検査結果が前回より低下している場合等には、臨時認知機能検査の結果に基づいた「臨時高齢者講習」を受けることになります。

(3)臨時認知機能検査を受けない場合の処分等

時の認知機能検査や臨時高齢者講習を受けない場合や、医師の診断書を提出しない場合には、運転免許の取消し又は停止となります。

(4)臨時適性検査制度の見直し

更新時又は臨時の認知機能検査で「認知症のおそれがある」と判定された方は、臨時適性検査(医師の診断)を受け、又は命令に従い主治医等の診断書を提出しなければなりません。

※診断の結果、認知症と判断された場合には、運転免許の取消し等の対象となります。

お問い合わせ

長野県警察本部交通部東北信運転免許課
電話:026-292-2345