ホーム > 長野県警察の情報公開 > 長野県警察の施策を示す訓令等(警務部) > 長野県警察術科技能検定に関する訓令

ここから本文です。

更新日:2013年8月30日

長野県警察術科技能検定に関する訓令

〔昭和29年11月20日県警察本部訓令第8号〕

本部(学校)
警察署

野県警察術科技能検定規程を次のように定める。

長野県警察術科技能検定に関する訓令

(目的)

第1条この訓令は、警察術科技能検定に関する訓令(昭和29年警察庁訓令第10号)に基づき、長野県警察における警察官の術科中、逮捕術、けん銃操法及び救急法についての技能の検定(以下「技能検定」という。)に関する標準及び手続を定めることを目的とする。

(技能検定)

第2条技能検定は、術科教養の成果を検定して、その普及徹底に資することを目的とする。

(技能検定の基準)

第3条技能検定は、級位制によって行うものとし、その合格の基準は、別表第1から別表第3までのとおりとする。

(技能検定の手続)

第4条技能検定は、技能検定審査委員会の審査を経て行うものとする。

(技能検定審査委員会の設置)

第5条長野県警察本部(以下「警察本部」という。)に、逮捕術、けん銃操法及び救急法の各技能検定審査委貝会(以下「委員会」という。)をそれぞれ設置する。

(委員会の構成)

第6条委員会は、委員長及び委員若干人をもって構成する。

2委員長は警察本部長を、委員は警務部長、教養課長及び警察学校長をもってこれに充てる。

3警察本部長は、前項の委員のほか、警察術科について専門的な技能を有する者を委員に任命することができる。

4委員会に書記若干人を置き、警察本部長がこれを任命する。

(技能検定の実施)

第7条委員長は、あらかじめ技能検定の期日、場所、方法等を各所属長に通知するものとする。

(受検資格)

第8条技能検定は、所属長(警察学校入校中の者については警察学校長)の推薦した者について行う。

(合格証書の授与)

第9条警察本部長は、技能検定に合格した者に合格証書を授与する。

お問い合わせ

長野県警察本部警務部広報相談課
電話:026-233-0110(代表)