ホーム > 長野県警について > 組織について > 平成28年度長野県留置施設視察委員会による視察等の結果について

ここから本文です。

更新日:2017年4月13日

平成28年度長野県留置施設視察委員会による視察等の結果について

留置施設視察委員会による留置施設視察等の結果と委員会から提出された意見並びに留置業務管理者が講じた措置等の概要

視察が行われた留置施設数

県下10警察署の留置施設に対する視察が行われました。

委員会に対する書面の提出状況

被留置者1名から書面の提出がありました。

委員との面接状況

5施設の被留置者9名と面接が行われました。

留置業務管理者に提出された意見数

意見内容

件数

施設

6件

処遇

2件

管理運営

2件

合計

10件

留置施設視察委員会総評

  • 建物が古い施設もあるが、施設内の清掃等がなされ、管理が行き届いている。
  • 留置担当官は、厳しい職場環境の中でも生き生きと仕事をしている。
  • 留置担当官は張り詰めた環境の中で仕事をしているので、事故防止や健康管理の観点から、統一的な運用規定によって休憩時間を確保したり、休憩場所に観葉植物や絵を置くように配慮してほしい。
  • 今後高齢者の収容も予想されることから、洋式トイレの設置や運動場に腰掛ける場所の設置を検討してほしい。
  • 官本は事件ものの小説ではなく、自己啓発につながる本を多くしてほしい。

委員会から提出された意見と留置業務管理者が講じた措置等の概要

戻る

お問い合わせ

長野県警察本部警務部留置管理課
電話:026-233-0110(代表)