ホーム > 長野県警察の活動 > 御嶽山噴火災害における警察の活動について > 御嶽山噴火災害行方不明者の捜索活動・拾得物(平成27年7月29日~)

ここから本文です。

更新日:2016年8月16日

御嶽山噴火災害における警察の活動について(平成27年7月29日~)

成26年9月27日に発生した御嶽山噴火災害で行方不明となっている6名の捜索が7月29日から再開されました。
野県側の捜索は、県警機動隊員など66名と県内の消防職員で構成された約100名の捜索部隊が自衛隊のヘリコプターで入山し、山頂付近で捜索を行っています。
警ではこのほか、山麓で行方不明者の家族を支援する支援部隊や木曽署員など総勢279名による捜索体制により捜索活動を実施しています。

1方不明者の捜索活動 

8月6日

 

8月5日

 

8月4日

 

8月3日

8月2日

 

8月1日

7月31日

7月29日

 

   

 

 

2な拾得物

ち主を探しています。

本来、拾得物の画像は公表していませんが、噴火災害における遺留品という特殊性につき、一部の画像を公表しました。

問い合わせ先曽警察署(会計課)0264-22-0110

像の一部に加工を施してあります。

御嶽山再捜索における拾得物件一覧表(7月29日~8月6日取扱)(PDF:76KB)(11月29日現在)

手提げかばん(保冷バッグ)

保冷バッグ

十徳ナイフ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

長野県警察本部警務部広報相談課
電話:026-233-0110(代表)