ホーム > 安心・安全 > 特殊詐欺対策 > 特殊詐欺を助長する犯罪

ここから本文です。

更新日:2017年2月15日

特殊詐欺を助長する犯罪

他人への譲渡目的を隠して携帯電話を契約したり、口座を開設したり、他人に口座を譲り渡す行為は犯罪です。

口座や携帯電話を売買等することは法律で禁止されています!!

口座売買等に関する違反事例

  1. 不正に利用する目的で自分の口座を作った
    (詐欺罪)・・10年以下の懲役
  2. 他人や架空の名義で口座を作った
    (詐欺罪)・・10年以下の懲役
  3. 上記1、2により作られた口座(キャッシュカードや通帳:以下同じ)を譲り受けた
    (盗品譲受け等罪)・・3年以下の懲役等
  4. 自己又は他人名義の口座を譲り受け又は譲り渡した
    (犯罪による収益の移転防止に関する法律違反)・・1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金
  5. 口座の譲渡等をするように、人に働き掛けたり、インターネットなどに広告を載せた
    (犯罪による収益の移転防止に関する法律違反)・・1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金50万円以下の罰金

携帯電話機の売買等に関する違反事例

  1. 不正に利用する目的で自分の携帯電話を契約した
    (詐欺罪)・・10年以下の懲役
  2. 他人や架空の名義で携帯電話を契約した
    (詐欺罪)・・10年以下の懲役
  3. 携帯電話の契約時に氏名、住居及び生年月日について嘘の申告をした
    (携帯電話不正利用防止法違反)・・50万円以下の罰金
  4. 自己名義の携帯電話機を電話会社に無断で譲り渡した
    (携帯電話不正利用防止法違反)・・業として有償で譲り渡した場合は2年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金
  5. 他人名義の携帯電話機を譲り渡したり、譲り受けた
    (携帯電話不正利用防止法違反)・・50万円以下の罰金
    ・・業として行った場合は2年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金
  6. 携帯電話機の譲渡等をするように、人に働き掛けたり、インターネットなどに広告を載せた
    (携帯電話不正利用防止法違反)・・50万円以下の罰金

通帳・キャッシュカード・携帯電話機の譲り渡しは「犯罪」です
通帳・キャッシュカード・携帯電話機の譲り渡しは「犯罪」です。(PDF:475KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

長野県警察本部生活安全部生活安全企画課
電話:026-233-0110(代表)