ホーム > 安心・安全 > 特殊詐欺被害多発に伴う緊急メッセージの発信

ここから本文です。

更新日:2018年3月20日

特殊詐欺被害多発に伴う緊急メッセージの発信

特殊詐欺被害多発に伴う緊急メッセージ

内では、今年に入り、息子や孫、警察官などをかたり、現金やキャッシュカードをだまし取るオレオレ詐欺や、突然メールやハガキを送りつけ、実際には使用していない有料サイトの料金名目などで支払を要求する架空請求詐欺を始めとする特殊詐欺被害が多発しています。
成30年2月末現在の認知件数は28件、被害総額は既に約4千万円に達しており、昨年と比較して被害は大幅に増加し、極めて深刻な状況にあります。

こで、県警察では、被害防止対策を強化し、特殊詐欺を撲滅するため、3月19日、「特殊詐欺被害多発に伴う緊急メッセージ」を発信しました。

【特殊詐欺撲滅三ない運動+1

実践しましょう三ない運動

〇「渡さない!」
息子や孫、警察官などを名乗る者から、電話で、現金やキャッシュカードを要求されても、絶対に渡さない!

〇「払わない!」
ールやハガキで料金を請求されても無視し、絶対に払わない!

〇「電話に出ない!」
人と話しをしないため、自宅の電話を常に留守番電話に設定し、騙しのプロである犯人と直接話をして誘導されないよう、電話に出ない!

地域全体で声をかけ合いましょう「+1(プラスワン)」

〇「振り込ませない!」
特殊詐欺を撲滅するためには、犯人からの電話やメールにだまされ、被害に遭いそうな人がいたら、地域全体で声をかけ合い、被害を未然に防止することが重要です。
最後の砦となる関係機関、事業者の皆様を始め、県民総ぐるみで声をかけ合い、被害を未然に防止していきましょう!

お問い合わせ

長野県警察本部生活安全部生活安全企画課
電話:026-233-0110(代表)