ホーム > 安心・安全 > 交通安全 > 季節別の交通安全 > 春の行楽期における交通事故防止

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

春の行楽期における交通事故防止

春の行楽期における交通事故防止

楽シーズンとなりました。県内の観光地に多くの県外車両が流入することから大変混雑します。
出かけの際は時間に余裕を持って、ゆとりある運転を心がけてください。

追突事故に注意!

渋滞時

滞による低速走行時はついつい気が緩んでしまい、考え事をしたり景色に目をうばわれたりしがちですが「漫然運転」や「わき見運転」は追突事故の原因となります。

車が止まるかもしれません。

転に集中し、追突事故を防ぎましょう!ながらスマホは危険です!

高速道路

車との車間距離を十分にあけて運転しましょう!
間距離確認区間を利用して、前車との車間距離を確認してください。
また、故意に車間距離を詰めることは大変危険な行為です。
大事故につながることから絶対にやめてください!

車間距離を十分にあけて運転しましょう!

無理をして、長時間運転していませんか?

時間運転をすると、疲れにより注意力が散漫になり居眠り運転にもつながる危険があります。疲れを感じる前に、定期的に休憩を取るように心掛けましょう。休憩を取りましょう

二輪車の交通事故防止

ツーリングシーズンとなりました!

ツーリングシーズンとなりました

カーブは要注意!

カーブでの、スピードの出し過ぎによる転倒や道路逸脱の事故が発生しています。
カーブの手前では十分に減速し、安全に曲がりましょう。

仲間のペースに気遣いを!

特に先頭を走る方は、スピードに気を配り、後方の仲間が余裕を持った運転が出来るように心掛けましょう。仲間のペースに気遣いを!

お問い合わせ

長野県警察本部交通部交通安全企画課
電話:026-233-0110(代表)