ホーム > 安心・安全 > 交通安全 > 自転車の安全利用 > 自転車の安全利用の推進

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

自転車の安全利用の推進

ルールを守って安全に運転しましょう!

自転車運転の基本自転車安全利用五則

安全5則

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
    • 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
    • 夜間はライトを点灯
    • 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
  5. 子どもはヘルメットを着用

 

 

 

自転車運転者講習の対象となる危険行為

信号無視
信号無視

一時停止場所不停止
指定場所一時不停止

酒酔い運転
酒酔い運転

歩道通行時の通行方法違反
歩道通行時の
通行方法違反

 

  • 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
  • 通行禁止違反
  • 歩行者用道路における車両の義務違反
    (徐行違反)
  • 通行区分違反
  • 路側帯通行時の歩行者の通行妨害
  • 遮断踏切立入り
  • 交差点安全進行義務違反等
  • 交差点優先車妨害等
  • 環状交差点安全進行義務違反等
  • 安全運転義務違反

自転車運転者講習制度のながれ

  • 自転車運転者(14歳以上)が、危険行為を繰り返す(3年以内に2回以上)

  • 交通の危険を防止するため、都道府県公安委員会が自転車運転者に講習を受けるように命令

  • 講習の受講
    講習時間:3時間
    講習手数料:5,700円

受講命令に違反した場合・・・5万円以下の罰金

万が一に備えて・・・自転車保険に加入しましょう

自転車による交通事故でも、自転車の運転者に多額の賠償責任が生じるおそれがあります

自転車による交通事故でも、自転車の運転者に多額の賠償責任が生じるおそれがあります。

生じた損害を賠償するため保険等に加入しましょう。

TSマーク

TSマーク

転車の点検や整備をして自転車に貼ってもらいましょう。

傷害保険などの補償が1年間受けられます!

お問い合わせ

長野県警察本部交通部交通企画課
電話:026-233-0110(代表)