ホーム > 安心・安全 > 交通安全 > 季節別の交通安全 > 夏の交通安全やまびこ運動

ここから本文です。

更新日:2018年7月2日

夏の交通安全やまびこ運動

30夏の交通安全やまびこ運動

平成30年やまびこ運動チラシ(PDF:288KB)

運動の基本供と高齢者の交通事故防止

運動重点

歩行者保護の徹底★生活道路の安全確保と歩行者保護の徹底

★飲酒運転の根絶飲酒運転の根絶

自転車の安全利用の推進重点以外のポイント

  1. 自転車は車道が原則、歩道は例外自転車安全利用五則
  2. 車道は、左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
    ・飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
    ・夜間は、ライトを点灯
    ・交差点での信号遵守と一時停止&安全確認
  5. 子どもはヘルメットを着用自転車の安全利用

飲酒運転の根絶

酒運転は重大事故の原因となり、被害者の人生を奪う、とても悪質で危険な「犯罪」です。30飲酒運転の根絶2

場・地域・家族、みんなが協力して飲酒運転を「しない」「させない」を徹底しましょう。

 

今、行動のとき通安全「私から!」

歩行者の皆さんは

  • 止まる…必ず止まる30交通安全私から
  • 見る…左右をしっかり見る
  • 目立つ…明るい服装、反射材で存在をアピール

ドライバーの皆さんは

  • 指差し確認…「目」と「指さし」で重ねて確認(ハンドルは握ったまま)


    指差し確認
    運転しながら、刻々変化する交通状況を指差し確認しましょう。
    指差し確認をした場合、ミスは大幅に減少します。

  • 早めの点灯…暗くなり始めたら早めのライトオン
  • シートベルト…スタート合図は「ベルトした?」

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

長野県警察本部交通部交通企画課
電話:026-233-0110(代表)