ホーム > 安心・安全 > 交通規制について > バリアフリー対応型信号機「歩行者支援装置」(通称ピックス)を設置しました

ここから本文です。

更新日:2017年6月7日

バリアフリー対応型信号機「歩行者支援装置」(通称ピックス)を設置しました

現在、視覚障がい者用付加装置として「異種鳴き交わし方式」による歩行者用信号が設置されていますが、さらに歩行者支援の機能を付加した「バリアフリー対応型信号機」として、「歩行者支援装置」を設置し、運用を開始しました。

歩行者支援装置って何?

通称ピックス(PICS)といいます。(PICS=Pedestrian Information Communication Systems)

この装置は、視覚障がい者の方が持つ白杖に、15センチメートル程度の反射シートを巻き付け、信号機柱に取り付けたセンサーが自動的に白杖を感知することで、信号機柱に取り付けられたスピーカーから歩行者用信号機の状態を音声で聞くことができる装置です。

具体的には、反射シートを巻き付けた白杖をセンサーが感知すると、女性の声で

  • 歩行者用信号が赤の時には、「ピピッ信号は赤です。」
  • 歩行者用信号が青に変わると、「ピンポーン信号が青になりました。」
  • 歩行者用信号が点滅を始めると、「信号が赤に変わります。」

とスピーカーから音声が流れてきます。

バリアフリー対応型信号機歩行者支援装置のセンサーとスピーカー付きの信号機の写真

センサー/スピーカー

反射シートが付いた白杖
反射シート

歩行者支援装置のしくみのイラスト

長野県内では、平成20年3月、松本市の松本駅前交差点に県下で初めて設置し、平成26年3月末現在で8カ所設置されています。
今後も「ピックス」の整備を計画的に実施していき、歩行者の安全・快適を支援する「歩行空間」を目指していきます。

歩行者支援装置(PICS)設置場所一覧表

警察署

設置交差点

設置年度

長野中央

平林

平成20年度

上田 上田駅お城口

平成24年度

松本

松本駅前

平成19年度

松本

大手2丁目

平成21年度

松本

伊勢町

平成20年度

松本 信大病院入口 平成26年度

茅野

市民館前

平成23年度

諏訪 上諏訪駅 平成27年度
飯田 飯田市立病院前 平成25年度
塩尻 塩尻駅前 平成24年度

お問い合わせ

長野県警察本部交通部交通規制課
電話:026-233-0110(代表)