ホーム > 安心・安全 > 交通規制について > 「異種鳴き交わし方式」による視覚障がい者用付加装置の運用について

ここから本文です。

更新日:2016年6月14日

「異種鳴き交わし方式」による視覚障がい者用付加装置の運用について

1

視覚障がい者用付加装置(視覚障がい者が安全に道路を横断できるよう歩行者用青信号を音響により知らせる装置)には、現在、擬音式とメロディ式がありますが(注1)、日本盲人会連合会などの協力を得て実施された実証実験により、擬音式の1つである「異種鳴き交わし方式」(注2)の誘導性の高さが認められました。
このため、警察庁で設置・運用方針が制定され、全国的に同方式への統一を図ることとされました。

(注1)平成26年3月末現在、視覚障がい者用付加装置信号は、異種鳴き交わし方式を含め長野県内では、430基が設置されています。
(注2)横断歩道の両端に設置したスピーカから異なる音響を交互に出力する方式です。

2響出力方式

(1)一般の信号交差点又は単路における出力方式

一般の信号交差点又は単路における出力方式

(2)スクランブル方式等の信号交差点における方式

スクランブル方式等の信号交差点における方式

3後の整備予定

今後、「異種鳴き交わし方式」について視覚障がい者に周知徹底をしつつ、同方式の音響信号機の整備を計画的に実施するとともに、歩行空間のバリアフリー化を推進していく予定です。
なお、本県では、平成25年度事業で一覧表に示したとおり、県下19箇所(うち10箇所更新)の信号機に視覚障がい者用付加装置信号を導入しました。

平成25年度覚障がい者用付加装置整備場所一覧表
番号 警察署名 信号機名 新設・更新別

1

長野中央

北長野駅前

新設

2

長野中央

九反南

新設

3

長野南

老人福祉センター

新設

4

長野南

両郡橋

新設

5

上田

牧屋

新設

6

上田

菅平入口

新設

7

岡谷

丸山橋南

新設

8

塩尻

広丘駅東口

新設

9

松本

曙橋西

新設

10

長野中央

大門南

更新

11

長野中央

問御所町

更新

12

長野中央

善光寺

更新

13

長野中央

かるかや山前

更新

14

飯山

飯山駅前

更新

15

須坂

横町中央

更新

16

諏訪

諏訪湖畔公園前

更新

17

飯田

上郷小学校前

更新

18

飯田

丸山小学校

更新

19

松本

松本城

更新

お問い合わせ

長野県警察本部交通部交通規制課
電話:026-233-0110(代表)