ホーム > 安心・安全 > サイバー犯罪対策室 > サイバー犯罪の被害防止のために

ここから本文です。

更新日:2013年8月30日

サイバー犯罪の被害防止のために

インターネットや携帯電話(スマートフォン)を利用して、トラブルに巻き込まれるケースが増えています。
また、インターネットに接続できるゲーム機や携帯音楽プレーヤーでも、トラブルに巻き込まれる危険性があります。

トラブルに巻き込まれないために

インターネットの世界では、様々な人が情報のやりとりをしています。何でもすぐに信じたり答えたりせず、冷静に判断し、有害な情報を見極める能力を養うことが大切です。
トラブルに巻き込まれないよう一般的留意事項についてまとめましたので参考にしてください。

  • 個人情報を大切にする
    無闇に自分から公開したり、ネットでしか知らない相手には教えない。
  • 危険なサイトに近づかない、利用しない
    懸賞目的でアンケートに回答する。無料サイト(出会い系等)に登録する。
    →迷惑メール、架空請求、ワンクリック請求のターゲットとなる。
  • ID・パスワード管理の徹底する
    インターネットカフェ、公共端末ではクレジットカード番号を入力したり、ネットバンキング等のID・パスワードが必要なサイトは利用しない。フィッシング等の新手の手口に騙されない。
    →不正アクセスの被害に遭ってしまう。
  • コミュニケーションは、思いやり謙虚な姿勢で
    ネットでの不用意な発言が、思わぬトラブルに発展しかねない。
  • セキュリティ対策・ウィルス対策を怠らない

お問い合わせ

長野県警察本部生活安全部生活環境課
電話:026-233-0110(代表)