ホーム > 暮らし・環境 > 温暖化対策 > 省エネルギー > 次世代自動車とは・・・

ここから本文です。

更新日:2017年1月5日

次世代自動車とは・・・

電気自動車、ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車、クリーンディーゼル車等の環境負荷の低い自動車です。

a_blt007電気自動車

電気自動車の仕組み

 

エンジンの代わりにモーターを搭載し、ガソリンの代わりに電気を使って走る自動車です。ガソリンタンクの代わりに電気を充電するためのバッテリーを搭載しています。

減速時には車の運動エネルギーを回収する「回生ブレーキ」が働き、ガソリン車では捨てていたエネルギーを有効活用することが出来ます。

ev

                  出典:一般社団法人次世代自動車振興センターHP

電気自動車の特徴

  • 温暖化の原因となるCO2を走行中に排出しません。
  • 家庭用電源から、専用ケーブルで手軽に充電できます。また外出先でも充電スタンドで充電できます。
  • ランニングコストはガソリン自動車と比較して低くなります。

a_blt007ハイブリッド自動車 

ハイブリッド自動車の仕組み

エンジンとモーターを搭載し、ガソリンと電気を使って走る自動車です。減速時に「回生ブレーキ」によって充電した電気を、発進時などに使い、ガソリンの使用量を抑えることができます。

a_blt007プラグインハイブリッド自動車

プラグインハイブリッド自動車の仕組み

ハイブリッド自動車の一種ですが、家庭用電源や充電スタンドでバッテリーを充電できる自動車です。

phv

                  出典:一般社団法人次世代自動車振興センターHP

プラグインハイブリッド自動車の特徴

  • 外部からの充電だけではなく、ハイブリッド自動車と同じくエンジンで走りながらバッテリーに充電できます。
  • 家庭用電源や充電スタンドで充電できるため、日常使用、通勤など短距離では電気自動車として走行できます。
  • EV走行とハイブリッド走行を組み合わせた場合の燃費が約60km/lと、非常に低燃費です。

a_blt007燃料電池自動車

燃料電池自動車の仕組み

水素と酸素を化学反応させて電気をつくる「燃料電池」を搭載し、モーターで走行する自動車です。ガソリンに代わる燃料である水素は、さまざまな原料からつくることができるエネルギーです。

fcv

                  出典:一般社団法人次世代自動車振興センターHP

a_blt007クリーンディーゼル車

クリーンディーゼル車の仕組み

最新のディーゼルエンジンを搭載し、従来のディーゼル車よりも大気汚染物質の排出量が少ない自動車です。また、ガソリン車に比べ燃費良く、CO2排出量が少ないという特徴があります。

cd

                  出典:一般社団法人次世代自動車振興センターHP

お問い合わせ

環境部環境エネルギー課

電話番号:026-235-7022

ファックス:026-235-7491

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?