ホーム > 暮らし・環境 > 温暖化対策 > 節電 > 信州クール(あったか)シェア事業

ここから本文です。

更新日:2017年7月10日

信州クール・あったかシェア事業

 本県では、節電・省エネ運動の一環として、電力使用量がピークの時間帯に、県民の方が楽しく快適に過ごしていただける施設や場所、公共機関等が主催する行事を広く募集・登録し、その利用を促すことによって社会全体での節電・省エネを図るとともに、地域経済の活性化にも繋げる取組「信州クール・あったかシェア事業」を実施しています。
 なお、本事業は長野県地球温暖化防止活動推進センター(一般社団法人長野県環境保全協会)と連携して実施しています。

■新着情報■

平成29年6月21日(水)
「信州クールシェアスポット・イベント」がスタートしました!
シールラリー・ひんやり料理もあわせてお楽しみください。

平成29年6月1日(木)
「信州クールシェアスポット・イベント」の募集を始めました!
詳細は「信州クールシェア」特設サイト(長野県地球温暖化防止活動推進センター)(外部サイト)をご覧ください。


■クールシェアとは?                ■あったかシェアとは?

 夏の暑い日、家の電気の半分以上をエアコンが使っています。
 そこで、電力使用量がピークの日中(13時~16時)に、家庭のエアコンなどの電気を止めて、なるべく1部屋に集まる工夫をしたり、公共施設や商業施設を利用することで涼を分かち合う(シェアする)ことで、1人あたりのエアコン使用量を見直し、社会全体としての節電・省エネルギーを図ることが「クールシェア」の取組です。
 長野県では、このような趣旨で、「信州クールシェア」事業を展開しています。
 県民のみなさんが涼しく楽しく利用できる公園や図書館等の公共施設、地元のお店、観光スポット、自然の中の涼しい場所や、公共機関などが主催する行事・イベントなどをホームページ等でご紹介します。
 この夏は、みんなで楽しくクールに節電しましょう! 

 冬の寒い日、家の電気の半分以上を暖房器具が使っています。
 そこで、電力使用量がピークの午前中(9時~11時)や夕方(17時~19時)に、家庭の暖房器具などの電気を止めて、なるべく1部屋に集まる工夫をしたり、公共施設や商業施設を利用することで暖を分かち合い(シェアする)、1人あたりの暖房器具使用量を見直し、社会全体としての節電・省エネルギーを図ることが「ウォームシェア」の取組です。
 長野県では、このような趣旨で、「信州あったかシェア」事業を展開しています。
 県民のみなさんが暖かく楽しく利用できる図書館等の公共施設、地元のお店、観光スポット、温泉や浴場、美術館や博物館、公共機関などが主催する行事・イベントなどをホームページ等でご紹介します。
 この冬は、みんなで楽しく暖かく節電しましょう!

【信州クールシェア実施期間】
夏至~9月30日

【信州あったかシェア実施期間】
12月1日~3月31日

 

■募集について

 長野県地球温暖化防止活動推進センターホームページにてご確認ください。
 また、スポット・イベントを楽しく巡っていただくために、「信州クール・あったかシェアシールラリー」、「信州ひんやり・あったか料理」の募集も行っております。あわせてご応募ください。

 長野県地球温暖化防止活動推進センターホームページ
「信州クール・あったかシェア」特設サイト(外部サイト)

 

 

お問い合わせ

環境部環境エネルギー課

電話番号:026-235-7209

ファックス:026-235-7491

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?