ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成29年(2017年)7月プレスリリース資料 > 日本で初めて「地域再生可能エネルギー国際会議2017」を開催します

ここから本文です。

更新日:2017年7月21日

日本で初めて「地域再生可能エネルギー国際会議2017」を開催します

長野県(環境部)プレスリリース平成29年(2017年)7月21日

 再生可能エネルギーの普及拡大を目指す地方自治体の課題解決のため、2007年から欧州で開催されてきた「地域再生可能エネルギー国際会議」を日本で初めて開催します。

1 目的

 再生可能エネルギーの普及拡大を目指す地方自治体の課題解決のため、再生可能エネルギーと省エネルギーの最新の状況、それらを将来的にも拡大させる展望について、ドイツ、日本、その他の国の優良な事例を共有するとともに、『再生可能エネルギー100%地域』の実現に向けた取組などについて意見交換する。

2 日時

 平成29(2017)年9月7日(木)9:30~17:00

              8日(金)9:00~11:30

3 場所

  信州大学国際科学イノベーションセンター(長野市若里4-17-1 026-269-5763)

4 主催

長野県、環境省、イクレイー持続可能性をめざす自治体協議会

5 共催

信州大学

6 参加者

国内自治体、再生可能エネルギー関連企業・団体

ドイツ環境省、ドイツ地方自治体、ドイツ都市公社、ドイツ再エネ企業

7 プログラム

別紙のとおり 

8 参加登録

FAX、メール又は電子申請により8月25日(金)までにご登録ください。

〇FAX又はメールの場合は次の様式によりご登録ください。

参加登録票(ワード:21KB)

〇電子申請の場合は次のURLによりご登録ください。

https://www.shinsei.elg-front.jp/nagano/uketsuke/dform.do?id=1500342060500

9 その他

【イクレイ(ICLEI)-持続可能性をめざす自治体協議会】

持続可能な社会の実現を目指す1,500以上の自治体で構成された国際ネットワーク。

日本の会員自治体(19):愛知県、飯田市、板橋区、岡山市、川崎市、北九州市、京都市、京都府、さいたま市、札幌市、下川町、墨田区、東京都、富山市、豊田市、名古屋市、広島市、武蔵野市、横浜市

 

【地域再生可能エネルギー国際会議の開催状況】

第1回(2007年)~第5回(2012年) 開催地 ドイツ フライブルク市

第6回 2014年 開催地 ドイツ フライブルク市、レラハ市

第7回 2016年 開催地 ドイツ フライブルク市、スイス バーゼル市

第8回 2017年 開催地 日 本 長野県


※この取組は、しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)の政策推進の基本方針「1『貢献』と『自立』の経済構造への転換」に基づくものです。

 


 

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

 

担当部署 環境部 環境エネルギー課 環境管理係
担当者

(課長)古川 浩

(担当)小林 史人、市川 ユミ子、本藤 みずき

電話

026-235-7209(直通)

026-232-0111(代表) 内線2732 

ファックス 026-235-7491 
メール kankyoene@pref.nagano.lg.jp 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?