ホーム > 大町建設事務所 > 事業概要 > 建設現場の紹介~Introduction of construction site~

ここから本文です。

更新日:2018年6月26日

大町建設事務所

建設現場の紹介~Introduction of construction site~

<ICT>主要地方道 大町麻績インター千曲線 路体盛土工事(大町市 相川トンネル下)

路体盛土の敷均し(整地)と転圧(締固め)を、ICTを活用して施工した状況です。(ICT施工期間:平成30年4月末~5月末、施工:北陽建設(株))

3次元設計データをモニター(コントロールボックス)に設定すると、GNSS情報を取得し、設計高さにバケットが自動制御される3DMCバックホウで整地しました。

3DMCバックホウ敷均し

 

3DMCバックホウ敷均し(反対向き)

 

3DMCバックホウモニター

 

GNSS位置情報から転圧回数をモニターで確認しながら振動ローラーで締固めます。

 

振動ローラー運転

 

転圧回数表示

 

主要地方道 扇沢大町線 スノーシェッド築造工事(大町市 第2ポイント上)

平成29年6月26日~7月10日に夜間通行止めのもとスノーシェッドの屋根を架設している状況の動画(タイムラプス)です。

この現場は立山黒部アルペンルートの玄関口にあるため、観光への影響に配慮して夜間架設としました。

 遠景

 

近景

 

 

 

 

 

国道148号 バイパス事業に伴う地すべり対策工事(小谷村 雨中3工区)

平成29年11月9日に地すべり抑止杭を打ち込んでいる状況の動画(16倍速)です。

杭径は580mm、杭長は17.0m(下杭9.5m+上杭7.5m)です。

 地すべり抑止杭打ち込み状況

 

 

お問い合わせ

所属課室:長野県大町建設事務所 

大町市大町1058-2

電話番号:0261-22-5111

ファックス番号:0261-23-6532

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?