ここから本文です。

更新日:2017年2月7日

STEP2(体験) 農業・農村の暮らしを体験しよう

漠然としていた農業に対する「イメージ」と「現実」とのギャップを埋めるためにも、長野県の気候や自然条件を肌で感じ取りながら、「体験」を何回も重ねて自問自答しながら、就農への決意を固めていきます。自分にとって合わないとわかったら別の仕事を考える決心もしましょう。

■「何を」(作目や経営形態)と「どこで」(就農予定地)を考え自分にとっての将来の具体的な農業経営像(イメージ)を描きましょう。

就農体験研修

 農業に興味を持ち、将来長野県内での就農を考える方(他産業従事者、離職者、学生など)を対象に農業に関する入門的研修を実施し、就農への目的・目標を明確にするお手伝いをします。

  研修場所(お問い合わせ先)

   〒384-0807 長野県小諸市山浦4,857-1 長野県農業大学校研修部

     電話:0267-22-0214  FAX:0267-22-0241  就農相談メール:syunou@pref.nagano.lg.jp

  研修内容・・・研修内容は作物の生育状況、天候等により変更となります。

   (1) 長野県農業についての紹介や小農具等の使い方

   (2) 農業大学校の水田、畑、果樹園を活用した農作業の体験

     (3) 大学校の教授による就農相談会の実施

     (4) Iターン新規就農者、優良経営農家等事例発表の聴講

   その他

     (1) 開催日時と主な体験作業・・野菜や果樹の管理や収穫作業を1泊2日で年6回程度。

     (2) 募集人員・・・・・・・・・毎回15名(定員になり次第締切)

ワーキングホリデー

 ボランティアで農家の実際の農作業を行います。農業に関心がある方や、農業に取り組んでみたい方と、農繁期の手助けを必要としている農家を結びつける「農村・農家の暮らしと仕事体験」で、長野県飯田市をはじめ各地で行われている“援農”制度です。

 お問い合わせ先

 中川村(外部サイト)  飯田市(外部サイト)  松川町(外部サイト) 須坂市(外部サイト) 飯綱町(外部サイト)

  他に体験の方法としては、近所の農家に頼んで休日等に農作業をさせてもらう、都市近郊の就農準備校、県等が開催する短期研修などの他、市町村等の滞在型農業体験施設を借り受けるなどの方法があります。

  

                      就農までのステップに戻る  Step1に戻る Step3に進む

 

お問い合わせ

農政部農村振興課

電話番号:026-235-7242

ファックス:026-235-7483

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?