ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業共済組合とは

ここから本文です。

更新日:2017年4月5日

農業共済組合とは

  • 農業共済組合は、農業災害補償法第3条に基づき設置される法人です。
  • 共済掛金の徴収や共済金の支払いなど、農業共済の運用に関する業務を行っています。

農業共済制度

  • 農業共済制度は、農業災害補償法に基づき、国の農業災害対策として実施される公的な保険制度です。
  • 農家の方が出し合った共済掛金を原資として、自然災害により被害に遭われた農家の方に、被害程度に応じて共済金が支払われます。
  • 農家の方の負担を軽減するため、共済掛金の約半分を国庫が負担しています。

県内の農業共済組合

  • 平成29年4月1日に東信農業共済組合、南信農業共済組合、中信農業共済組合、北信農業共済組合が合併し、新たに「長野県農業共済組合」が設立され、長野県内全域を一つの区域とする「1県1組合」となりました。

    長野県農業共済組合(外部サイト)(NOSAI長野)(外部サイト)

長野県における農業共済対象作物等

種類

対象作物等

農作物共済

水稲、麦

家畜共済

牛、馬、豚

果樹共済

りんご、ぶどう、なし、もも、かき、すもも

畑作物共済

ばれいしょ、大豆、そば、蚕繭

園芸施設共済

ビニールハウスなどの特定園芸施設、付帯施設、施設内農作物

 ◆農業共済制度に関するお問い合わせは、長野県農業共済組合にお願いします。

お問い合わせ

農政部農業政策課

電話番号:026-235-7215

ファックス:026-235-7393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?