ホーム > 農業試験場 > 研究推進

農業試験場

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2015年8月20日

研究推進

1 平成27年度の研究推進方法

農業試験場では、技術開発の方向として以下の2つを定め、試験研究を進めています。

  1. 長野県の食と農業・農村の持続的発展を支える農業技術の革新に向けて、本県の気候風土に適した特色ある水稲及び麦類の品種育成と生産技術の開発を進めます。
  2. 農業関係試験場の共通基盤部門として、知的財産の保護・活用、農産物の安全性確保対策及び農業情報システムの開発等を進めます。

 詳細は、以下のファイルをご覧ください。

2 農業試験場の研究課題の要望及び提案について

 農業試験場では、皆様から取り組んでい欲しい試験研究課題を毎年募集しています。応募期間、方法等については、ホームページ等でお知らせいたします。

 平成23年~26年にいただいた要望・提案に対する検討結果は以下のとおりです。

3 外部連携、コンソーシアムについて

 農業試験場では、試験研究を効率的、効果的に行うため外部の研究機関と連携したり、コンソーシアムを設立しています。

 ここでは、代表的なもの3つご紹介します。 

4 研究活動におけるコンプライアンスについて

 農業試験場では、「長野県農業関係試験場の研究活動コンプライアンス対応規定」及び「研究活動の不正防止計画」の規定等に基づき、試験研究の信頼性と公正性を維持してまいります。

 詳細は以下のページをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農業試験場 

電話番号:026-246-2411

ファックス:026-251-2357

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?