ホーム > 農業試験場 > 品種名募集 > 名称を公募した酒米(酒造好適米)「信交酒545号」の出願名について

農業試験場

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年3月24日

名称を公募した酒米「信交酒545号」の出願名について

  昨年9月に名称を募集しました、酒米の新品種について、種苗法に基づく出願公表がなされましたので、出願名をお知らせします。
 名称の募集では、354件(名称の重複を含む。)の応募をいただきました。ありがとうございました。
 県では、応募いただいたものの中から下記の名称を「出願名」として選定し、品種登録の出願を農林水産省に行いました。
 このたび、農林水産省の登録出願時の名称審査等が終了し、出願公表がなされました。
 出願しました新品種については、今後、農林水産省で特性審査等が行われ、数年後に「品種登録」となる見込みです。
  なお、「出願名」については、今後の審査の過程で変更を求められる場合があり、正式な「品種名」については、「品種登録」されることで確定します。このため、品種登録されるまでの間は、名称の混乱を避けるため、引き続き系統名※1を併用することとしています。

選定した名称

                稲(酒米)
545tatige 545genmai

系統名        信交酒545号
出願名        山恵錦(さんけいにしき)

特  徴 
いもち病や寒さに強く、倒れにくさ等の特性に優れ、県内で主要な既存の酒米品種の「美山錦」よりも丈が短く、多収です。

「美山錦」よりも大粒で、心白※2の発生率や大きさ形が優れます。

醸造した清酒(純米吟醸酒)の官能評価では、「なめらか等良好」とされています。

※1 「系統名」とは、特性を区別するために試験場が用いる品種登録出願前の名称です。
 「出願名」とは、品種登録出願時に「出願品種の名称」として申請書に記載し、出願公表で公開された名称です。
※2 「心白」とは、米粒の中にできる白く不透明な部分。酒米に求められる特性の一つ。麹の出来、米粒の溶けやすさに影響する。

詳細は下記のプレスリリース資料をご覧ください。

平成28年9月20日付けプレスリリース資料(PDF:331KB)

信交酒545号の特性表(PDF:295KB)

出願名の応募者

出願名を応募された方が希望されていないため、住所・氏名の公表は控えさせていただきます。

新品種の生産状況

新たなブランド清酒を目指し、本年度から北安曇地域等で栽培が始まります。
本年秋に収穫された米を原料に、酒造業者が冬に仕込み、来年、清酒として販売される予定です。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農業試験場 

電話番号:026-246-2411

ファックス:026-251-2357

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?