ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部 > 研修部活動 > 研修日記組織・内容 平成30年5月

農業大学校

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2018年5月14日

研修日記組織・内容平成30年5月

平成30年度研修日記

農業大学校研修部ってどんなことやってるの?
そんなあなたの疑問にお答えすべく、実際の研修模様を日記にしてお伝えします!
研修部に興味のある方は是非ご覧ください。
4月へ
研修部ページへ

5月9日 ナシの予備摘果等を行いました。

H300509-1H300509-2H300509-3

 本日、果樹専攻の研修生3名とナシの予備摘果等を行いました。ナシの予備摘果を1日行う予定でしたが、大雨で午前は急きょ、ブドウ栽培の講義を行い、雨も上がった午後からナシの予備摘果をしました。満開がおおむね、4月22日なので満開17日目の作業となります。見上げながらの作業は首が痛く大変とのことでした。先月12日に摘蕾作業をしましたが、摘蕾作業の重要性を感じて頂けたようです。

5月2日 モモ、ナシ、ブドウ等の樹冠下へワラ敷をしました。

H300502-1H300502-2H300502-3

 本日、共通実習で研修生5名と、モモ、ナシ、ブドウ、クリ、ウメの樹冠下にワラを敷きました。昨年同様、ワラを準備しておいたのですが、途中で不足が見込まれ、急きょ、一昨年の研修生で既に就農している方からワラを頂き、対応することになりましたが、無事全ての樹冠下にワラを敷くことができました。終了後は、果樹専攻の研修生に土壌管理の講義を行いました。

お問い合わせ

農業大学校 

電話番号:0267-22-0214

ファックス:0267ー22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?