ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部 > 研修部活動 > 研修日記組織・内容 平成29年8月

農業大学校

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

研修日記組織・内容平成29年8月

平成29年度研修日記

農業大学校研修部ってどんなことやってるの?
そんなあなたの疑問にお答えすべく、実際の研修模様を日記にしてお伝えします!
研修部に興味のある方は是非ご覧ください。

7月へ
研修部ページへ

8月29日 農作業安全推進研修会を開催しました。

 H290830-1H290830-2H290830-3

 本日、本校研修部、県農村振興課との共催で、農作業安全推進研修会(秋作業)を開催しました。近年、増加している農作業事故に対応するため、農作業安全を推進する立場の農業者、普及センター、試験場等関係機関の職員37名に、県内の事故状況、事故事例から見た対策・対処方法、農業経営上で必要な労務管理の対策、機械への最新対策について、専門の講師の方々から講演や、シュミレーターを使ってトラクターの転倒角度等の体験の実演をしてもらいました。今回の研修で、農作業安全対策の必要性を再認識して頂き、自らの農業経営が安定的に営めるよう努めて頂くと共に、地域へ推進して頂きたいと思います。年明け2月には春作業の研修会を開催する予定です。

8月24~25日 農ある暮らし入門研修(第5回)を開催しました。

(1日目)

H290824-4H290824-5H290824-6

(2日目)

H290825-1H290825-2H290825-3

 本日から2日間の日程で農ある暮らし入門研修(第5回)を開催し、11名の参加がありました。今回は、大豆の除草管理、カボチャの収穫及び、圃場の片付け、リンゴの着色管理(葉摘み、玉回し)、モモの除袋及び反射シート敷き等の実習をしました。現地視察は、県外から移住し、本校で研修を修了後、就農4年目を迎える小諸市の石井賢さん、恭子さんご夫婦から就農に至る経緯や、現状についてお話をお聞きしました。また、佐久市の「こまがた直売所」では代表の土屋興亜さんから開設22年目を迎えた直売所の運営等についてお話をお聞きしました。参加者からは大変勉強になったとのことです。

8月24日 ナシの鳥害対策とモモの反射シートの洗浄をしました。

H290824-1H290824-2H290824-3

 本日の午前、共通実習で研修生13名とナシの鳥害対策と、モモの反射シートの洗浄をしました。最初に、モモ(なつおとめ)とナシ(新水)の食味をしましたが、いずれも美味しいとの評価でした。その後、ナシへのカラスの被害が多いため、棚上にテグスを張るグループと、モモで使用した反射シートを洗浄するグループで、それぞれ作業をしてもらいました。

8月17日 モモの除袋等とプルーンの雨除けを設置しました。

H290817-1H290817-2H290817-3

 本日、果樹専攻の研修生5名とモモ(川中島白桃)の二重袋の外袋の除袋、葉摘み、反射シート敷及び、プルーン(サンプルーン)の雨除け施設を設置しました。最初に研修生の中にナシ(新水)の自己管理樹があるので収穫適期の講義後、モモ(なつおとめ、なつっこ、つきあかり)、ナシ(新水)の食味をしました。その後、作業を行いましたが、久し振りの晴天の下で作業は、はかどりました。

8月9日 モモの樹冠下に反射シートを敷きました。

H290809-1H290809-2H290809-3

 本日午前、果樹専攻の研修生6名とモモ(なつおとめ)2樹に反射シートを敷きました。また、収穫にはやや早いものの「秘味黄金桃」を食味しましたが、外観は正に黄金色で、食味も美味しいとの評価でした。

8月8日 児童等農業体験研修を行いました。

H290808-1H290808-2H290808-3

 本日、埼玉県にある特定非営利活動法人ビーポップ10名(子ども4名、スタッフ6名)の皆さんが来校され、収穫体験をしました。台風5号の影響を心配したものの、来校時、降雨も止み、計画どおり体験ができました。最初はハウス内で、キュウリ、トマト等を収穫し、その後、プルーンの収穫をしました。また、お土産にジャガイモを購入して頂きました。夏の楽しい思い出になって頂けたら幸いです。

8月4~5日 就農体験研修(第2回)を開催しました。

 (1日目)

H290804-1H290804-2H290804-3

(2日目)

H290805-1H290805-2H290805-3

 本日から2日間の日程で就農体験研修(第2回)を開催し、7名の参加がありました。研修内容は、ジャガイモの収穫、モモ、リンゴの夏季管理、農業機械の試乗、刈払機の使い方と草刈り作業でした。現地視察では佐久市で有機農業を実践している由井拓実さん、まな美さんご夫婦と、柳秀喜さんの圃場を見学し、その実践概要について学びましたが、大変勉強になったとのことです。

8月2日 プルーンの収穫をしました。

H290802-1H290802-2H290802-3 

 本日午前、果樹専攻の研修生6名とプルーンの収穫をしました。本校では、例年「アーリーリバー」より「くらしま早生」の収穫が早く、本年も2品種それぞれ食味をしたものの、「くらしま早生」の一部を収穫しました。また、モモ等に「胴枯病」が発生したため、教材として当該病気を覚えてもらいました。 

お問い合わせ

農業大学校 

電話番号:0267-22-0214

ファックス:0267ー22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?