ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部 > 研修部活動 > 研修日記組織・内容 平成28年12月

農業大学校

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2016年12月27日

研修日記組織・内容平成28年12月

平成28年度研修日記

農業大学校研修部ってどんなことやってるの?
そんなあなたの疑問にお答えすべく、実際の研修模様を日記にしてお伝えします!
研修部に興味のある方は是非ご覧ください。

11月へ
研修部ページへ

12月9~10日就農体験研修(第5回)を開催しました。

(1日目)

H281209-1H281209-2H281209-3

(2日目)

H281210-1H281210-2H281210-3

 本日から2日間の日程で就農体験研修(第5回)を開催し、17名の参加がありました。初日の午前は職員から「長野県農業の紹介と農家になるには」と、「野菜の基礎知識」についての講義を行いました。午後は里親前基礎研修生と一緒にパイプハウスのビニール剥ぎと、ハウス内への堆肥の散布を行いました。大勢での作業なので順調に行うことができました。2日目の午前は、定植6年目の新わい化のりんごの地際部への白塗材を塗りました。新わい化は、春先の寒の戻りにより凍害を受けやすいため、その対策として行いました。その後、肥料散布も行いました。午後は、佐久市でミニトマト、ズッキーニ、レタス等の野菜と、水稲を栽培している就農3年目の勝野友宏さんに就農体験談を語って頂きました。勝野さんからは、簿記に強くなること、農業は勝つのではなく、負けないことの重要性等のお話をして頂き、皆さん熱心に聴講されていました。

12月7日 ブドウ樹等のワラ巻をしました。

H281207-1H281207-2H281207-3

 本日、果樹専攻の研修生3名とブドウ、モモ、クリ、ウメ(一部)のワラ巻をしました。最初に寒害について講義後、ワラ巻の実技を行いブドウは二人1組で行ってもらいましたが、研修生の中にはワラの束を紐で編み、一人でも作業できるよう工夫しており作業もアイディア次第だと感じました。

 

お問い合わせ

農業大学校 

電話番号:0267-22-0214

ファックス:0267ー22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?