ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部 > 研修部活動 > 研修日記組織・内容 平成27年9月

農業大学校

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2015年9月29日

研修日記組織・内容平成27年9月

平成27年度研修日記

農業大学校研修部ってどんなことやってるの?
そんなあなたの疑問にお答えすべく、実際の研修模様を日記にしてお伝えします!
研修部に興味のある方は是非ご覧ください。

8月へ
研修部ページへ

9月24・25日 農ある暮らし入門研修(第6回)を開催しました。

(1日目)

H270924-2H270924-3H270924-4

(2日目)

H270925-1H270925-2H270925-3

 本日から2日間の日程で、農ある暮らし入門研修(第6回)を開催し、新たに1名の方を加え、合計21名の参加がありました。午前は稲刈り及び、はざ掛けをしました。交替でバインダーを操作したり、はざ掛けは協力しながら行いました。約10aの面積ですが、大勢で行ったので意外と早く終わりました。午後は、農産物加工にも力を入れている「永井農場」と、東御市で就農8年目の内田さんの所を見学させて頂きました。内田さんからは、移住しての話や農業を始めての体験談を説明して頂き、皆さん参考になったようです。2日目は、あいにくの雨でしたが、リンゴ(シナノドルチェ)の収穫と、リンゴ(紅玉)の葉摘みをしました。その後は、収穫したシナノドルチェの選果及び、リンゴ、ブドウ、ナシの試食をしました。午後は、刈り払い機の取り扱いの講義をしました。農作業事故も多く発生しているので、農業機械の使用時は十分注意して頂くようお願いしました。

9月24日 ナシ、ブドウの収穫をしました。

H270924-5H270924-6H270924-7

 本日、共通実習で研修生9名でナシ「二十世紀」とブドウ「巨峰(無核)」の収穫をしました。「二十世紀」の収穫後は「豊水」の食味をしました。ブドウは収穫前に「巨峰」の無核、有核と「ハニーシードレス」の食味をしましたが、いずれも美味しいとの評価でした。特に「巨峰」では有核と無核の食味を比較してもらいましたが有核の方が美味しい7名、甲乙付けがたい2名でした。

9月17日 プルーンの収穫・荷造りをしました。

H270917-1H270917-2H270917-3

 本日、果樹専攻の研修生でプルーン(サンプルーン)の収穫・荷造りをしました。降雨でしたが雨除け施設内での作業なので、収穫後、荷造りもできました。収穫前には、食味をしましたが、味に対しては辛口の研修生も美味しいとの評価でした。荷造りはパックに1個づつ並べて詰めるため、数が多く疲れたとのことです。

9月14日 ナシの収穫・荷造りとモモの反射シートの清掃をしました。

H270914-1H270914-2H270914-3

 本日、共通実習で研修生10名とナシ「幸水」の収穫と荷造りをしました。果樹専攻以外の研修生にとっては、ナシの収穫は初めてなので、最初に収穫適期の見方の説明や、食味をした後、全員で収穫しました。終了後は「秋麗」の試食をしましたが、とても美味しいとの評価でした。その後、果樹専攻の研修生を中心に荷造りをして頂き、その他の研修生は、モモで使用した反射シートの清掃をしました。

9月9日 ナシの収穫・荷造りをしました。

H270909-1H270909-2H270909-3

 本日、果樹専攻の研修生でナシ「幸水」の収穫をしました。最初にカラーチャートで確認をしてから収穫しましたが、台風の飛来で大雨の中での作業となりました。収穫後は、扇風機で乾かしたり布で拭いて、荷造りしました。

 9月5日 親子農業体験研修(第5回)を開催しました。

H270905-4H270905-5H270905-6

 親子農業体験研修(第5回)を9月5日(土曜日)に行い26名(9家族)の参加がありました。天候不順が続き、降雨が心配でしたが幸い天候には恵まれ、予定していた研修ができました。最初に前回の研修で播種したソバが開花中なので花の特徴を説明し、皆さんで観察してもらいました。その後、枝豆を収穫しましたが、同時期に定植したトウモロコシは残念ながら生育不良で収穫はできませんでした。次に、サツマイモの周辺に雑草が繁茂していたので草取りをしてもらいました。男の子はバッタ、カマキリ等の昆虫に夢中になっていましたが、最後は見違えるように綺麗になりました。アンケートには「苦労することなく収穫を得る事はできないことを学ぶ良い機会だった。」の回答もありました。続いて、「二十日大根」の播種をしました。子ども毎に区間を定めて、播種をしてもらいましたが種が小さく大変だったと思います。最後は、プルーン(ローブドサージェン)とナシ(新水)の収穫体験をしてもらいました。プルーンはその場で食味をしてもらいましたが、普段食べているプルーンと違い大変美味しい等との評価でした。プルーンの完熟の美味しさをもっと知って頂く必要性を感じた次第です。次回は10月3日(土曜日)に開催します。

9月4・5日 就農体験研修(第3回)を開催しました。

(1日目)

H270904-1H270904-2H270904-3

(2日目)

H270905-1H270905-2H270905-3

 本日から2日間の日程で就農体験研修(第3回)が開催され、19名の参加がありました。開講式の後、午前はタマネギの播種等野菜の実習、午後は昨年の大雪で潰れてしまったパイプハウスの解体を行いました。蒸し暑かったのですが、協力しながら金具の取り外し等を行いました。その後、新規に参加された9名の方の就農相談を行いました。2日目午前は、リンゴ(つがる)の収穫及び葉つみを行いました。リンゴの収穫・選果・コンテナ入れを交替しながら実施しました。午後は、佐久穂町で有機野菜を栽培している里親農家の萩原さんと、萩原さんの下で里親研修をして就農2年目の磯辺さんの所に視察に伺いました。お二人とも熱心に実際の話をして頂き、皆さん大変勉強になったようです。 

9月3日 ナシ、ブドウの収穫・荷造りをしました。

H270903-1H270903-2H270903-3

 本日、果樹専攻の研修生でナシ「新水」とブドウ「サニールージュ」の収穫・荷造りをしました。今月5日に長野牧場で開催される「長野牧場まつり」に研修生が販売するものです。「サニールージュ」は、食味等品種特性を確認後、収穫しました。長野牧場まつりでは、その他にプルーン「ローブドサージェーン」等も販売しますのでご購入ください。また、研修生が販売していますので気軽に声を掛けてください。

お問い合わせ

農業大学校 

電話番号:0267-22-0214

ファックス:0267ー22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?