ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部 > 研修部活動 > 研修日記組織・内容 平成26年12月

農業大学校

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2014年12月19日

研修日記組織・内容 平成26年12月

平成26年度研修日記

農業大学校研修部ってどんなことやってるの?
そんなあなたの疑問にお答えすべく、実際の研修模様を日記にしてお伝えします!
研修部に興味のある方は是非ご覧ください。

11月へ
研修部ページへ

12月19日  職員が一般救命講習を受講しました

 H261219-1H261219-2H261219-3

本日は、職員研修として研修部と佐久支場合同で「一般救命講習」を受講しました。研修部は、不特定多数の方が研修に訪れるので、万が一に備えて行いました。小諸消防署の職員に、心肺蘇生法の手順を説明していただき実演を見学した後、交替で胸骨圧迫(心臓マッサージ)及び人工呼吸の方法を体験しました。その後、AEDの使用方法についても研修しました。いざという時は慌ててしまうと思いますが、今回の研修を生かして落ち着いて行動したいと思います。

12月9日  基礎研修生がもちつきを行いました

H261209-1H261209-2H261209-3

今日の実習は農産加工の技術以外に、農村の生活や文化についても学んでいただこうという目的で行いました。もち米は、前日によく研ぎ一晩水に浸け準備をしておき、今朝セイロに乗せて、芯が無く美味しい状態になるまで蒸かしました。セイロから蒸かし上がったもち米は、熱いうちに押し潰していく「小搗き」を行い、米粒が半分位潰れたのを確認して、交代して杵でたたきました。また、真ん中にまとめるようにして餅を反する「取り手」も交代で行い、たたき手の方とリズムを合わせて餅を臼の真ん中置いてもちつきをおこないました。つきたての「おもち」は、きなこ・あんこ・大根おろしなどをつけて、昼食でおいしくいただきました。

12月6日  就農体験研修5回目(2日目)を開催しました 

H261206-1H261206-2H261206-3

 2日目の午前中は、リンゴの実習ということで定植して4年目になる新わい化の木の「凍害防止」として白塗材を塗る予定でしたが、昨日からのあいにくの雪のため外での作業は中止して、リンゴ栽培等の説明の後ほ場見学を行いました。実習が行えず参加者の皆さんは残念そうでしたが、農業は自然相手の仕事なので仕方ありません。その後は、佐久市で今年から就農された勝野さんに来ていただき体験談を聞きました。実体験に基づき、家探し、農地探しなど就農までの道のりや、就農後の経過、経営で工夫していることや苦労してきたことなど、これから就農を目指す参加者に参考になる話がたくさん聞くことができました。 午後は園芸セミナーということで、一般の方にも参加いただき24名で「クリスマスリース」作りの講習会と実技を行いました。金澤先生の説明の後、それぞれ思い思いのリース、オーナメントを選びクリスマスリースを作成しました。作成したリースは自宅に飾るということで皆さんお土産に持っていかれました。 

12月5日 就農体験研修5回目(1日目)を開催しました 

H261205-1H261205-2H261205-3H261205-4

 今回は11名の参加があり、12月ということで寒い中での研修でした。1日目は、午前中は「長野県農業の紹介と農家になるための基礎知識」の講義を行い、そのあとガラスハウスでハウスの大きさの話や農薬・肥料等の説明を行い、その後パセリの収穫を行いました。午後は、トラクターの構造の説明の後、全員の方にトラクターを運転してもらいました。AT限定免許の方がいたり、初めて運転する方がほとんどでしたが、無事に体験することができました。その後は、機械のメンテナンスの説明や、コンバイン等農業大学校にある農業機械を見学しました。農業機械は、新品で購入すると非常に高価ですがメンテナンスをしっかり行えば長く使用することができます。実習の後は、夕方に就農相談を実施しました。

 12月2日  基礎研修生がブドウ等のワラまきを実習で行いました

 H261202-1H261202-2H261202-3

 本日、共通実習で、研修生7名でブドウ主幹部へのワラ巻を行いましたが、最初に樹体凍害についての説明、実演後、作業をしました。作業は主幹部をワラで覆い、上部へは牧草のラッピングに使っていたフィルム(白)の在庫を活用して覆いました。寒風の中での作業でしたが皆さん丁寧に行ってもらいました。ワラ巻終了後は、一部の研修生に雪害対策として、短梢栽培の新梢を基部から60cm程度にせん定してもらいました。本校ではモモ(幼木)とクリでも、ワラ巻をして対策に万全を期したいと考えています。

12月1日  基礎研修生が機械のメンテナンス方法について研修しました

H261201-1H261201-2H261201-3

 忙しい農繁期から農閑期になり、今日は基礎研修生が農業機械のメンテナンスと冬季管理方法を学びました。トラクターの格納前の点検箇所のポイントや農業機械整備の一般課題についての講義の後、トラクターやスピードスプレヤーなどを実際に見ながら研修しました。自分である程度のメンテナンスが出来ればかなり経費の削減になるので、研修生の皆さん熱心に耳を傾けていました。

お問い合わせ

農業大学校 

電話番号:0267-22-0214

ファックス:0267ー22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?