ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部 > 研修部活動 > 研修日記組織・内容 平成26年3月

農業大学校

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

研修日記組織・内容平26年3月

平成25年度研修日記

農業大学校研修部ってどんなことやってるの?
そんなあなたの疑問にお答えすべく、実際の研修模様を日記にしてお伝えします!
研修部に興味のある方は是非ご覧ください。

2月へ
研修部ページへ

3月28日 ナシ・モモ等の消毒を行いました

H260328-1H260328-2

本日の朝、ナシ・モモ等の果樹園で今年1回目の消毒を行いました。先日、納品になった新しいキャビン付のスピードスプレヤーで石灰硫黄合剤を散布しました。雇用就農者・農家研修者支援研修のなかで「スピードスプレヤー」の操作方法についての研修も行いますので、希望者は是非お申込みください。4月になるとナシやモモの芽吹きが始まり、農作業も忙しくなってきます。

 

3月27日 ハウスの修復を行いました

H260327-3H260327-1H260327-2

今日は、雪で入口側がつぶれてしまったハウス(写真一番左)の修復を行いました。アーチパイプが動かないように固定した後、つぶれてしまった部分をバックフォーで上にあげて、支えのパイプを入れました。もう少し手直しが必要ですが、今年はこの状態でハウスを使用していく予定です。

3月25日 リンゴの見直し剪定を行っています

H260325-1H260325-2

今週は、リンゴほ場で「見直し剪定」を行っています。剪定は先週で終了したのですが、まだ枝が多いところやスピードスプレヤーの防除に邪魔にならないように、見直しを行っています。今日は「紅玉」と「つがる」のところを行いました。見直しは今週で終わりにして、来週消毒を実施する予定です。

3月20日 育苗ハウスの竣工検査が行われました

H260320-31H260320-32H260320-33

昨年の秋から工事を行ってきた、野菜と水稲の実践経営者コース用の育苗ハウスが完成して今日竣工検査を迎えました。大雪のために年度内に完成するか心配でしたが無事完成しました。4月から野菜や水稲の育苗に利用していく予定です。

3月18日 パイプハウスを解体しました

H260318-1H260318-2H260318-3

今日は松代キャンパスから3名応援にかけつけ、2月の大雪で倒壊してしまったパイプハウスの解体を行いました。午前中に1棟行い、午後もう1棟解体し、午後は慣れてきてスムーズに解体することができました。解体はほぼ終了して、今後は修理をして使うハウスの修復と松代キャンパスからの移築を行う予定です。

3月11日 基礎研修及び営農チャレンジ研修の修了式を行いました

H26311-12H26311-11H26311-13

今日は、昨年の4月から行ってきた基礎研修及び営農チャレンジ研修の修了式を行いました。修了証授与、海野清大学校長からのあいさつの後研修生から「今後の抱負について」語っていただきました。研修を通じての感想や今後の夢等皆さんから力強く発表していました。そのあと職員からも「激励の一言」を述べて修了しました。今後は、就農する方が多いのですが健康管理に注意しながらそれぞれの目標に向かって一歩づつ進んでいってほしいと思います。

3月10~11日 基礎研修生のほ場実習を行いました

 H26310-21H26310-22

10~11日の2日間は、ほ場実習を行いポットの土づめを行いました。これから種まきは行うのですが、マリーゴ-ルド等の花壇苗の育苗を約5000鉢行うので、その準備で土づめを行いました。土はポットに8分目位入れ「ウォータースペース」ができるように詰め、大勢で行ったので予定通り行うことができました。

 3月10日 基礎研修生の特別講義を行ないました

 H26310-11H26310-12

今日は、南牧村の野菜農家菊池さんに来てもらい特別講義を行いました。「これからの農業経営について思うこと」ということで、菊池さんの農業経営の状況・経営方針について・海外視察に行かれた状況や農商工連携について等幅広く説明していただきました。また、最後に新規就農者を目指す方が特に必要なことということで、ネットワーク・仲間づくりの大切さ、現実をよく知ること、実現可能な夢を持つこと等基礎研修生へアドバイスをしてもらいました。基礎研修生の皆さんは、菊池さんの話を参考にして今後の農業経営に生かしていただきたいと思います。

3月6~7日 長野県農業関係試験場新任職員等研修が行われました

H2636-1H2636-2

6~7日の2日間、研修館で農業関係試験場の新任職員等研修会が行われました。農業試験場、果樹試験場等県内の試験場から14名の若い職員が集まり、試験研究の推進についてや先輩研究員からの講義、試験研究課題の設定や成果の取りまとめとプレゼンテーションについての演習等について熱心に実施されていました。今後は、今回の研修を生かして、長野県農業の発展につながる試験研究を行っていただくよう期待しております。

 3月4日 リンゴの剪定を再開しました

H2634-1H2634-2

先月の大雪がようやく15cm位に減ってきたので、剪定がまだ終わっていない「ふじ」の剪定を2週間ぶりに再開しました。今朝はマイナス9℃位と非常に寒かったのですが、日中は8℃位まで気温が上がり順調に剪定を行いました。天候にもよりますが、「ふじ」の剪定は来週の初めには終わりにして、その後は見直し剪定を実施する予定でいます。

 

3月3日 ほ場整備が再開し急ピッチで進んでいます

H2633-1H2633-2

2月14~15日に1m以上降った大雪で、1週間ほど竹やぶほ場等の工事ができなかったのですが、先週からほ場整備工事が再開しました。3月までに「ほ場整備」が終わるように、大型の重機で土を削り、運搬車で運んでおり、急ピッチで工事を行っています。 

お問い合わせ

農業大学校 

電話番号:0267-22-0214

ファックス:0267ー22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?