ホーム > 長野県農業大学校 > 紹介 > 組織及び内容

農業大学校

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2016年5月1日

組織及び内容

教育方針

理論と実技を同時に学ぶ実践型の教育により農業技術の高度化・経営の専門化に対する知識、技術を修得させるとともに、寮生活や自らのテーマを定めて行うプロジェクト等により他者との協調・自己の確立性の社会性を涵養し、21世紀の農業・農村を担う優れた人材の育成を目指します。

農業大学校の組織

1.農学部

農学部には、長野市松代キャンパス(一部小諸キャンパス)で2年間履修する総合農学科と県内各地の農業試験場で履修する実科・研究科があります。

学科(コース) 修業年限 概要

総合農学科実践経営者コース

2年

企業的農業経営者としての経営センスや専門知識・技術について、実践を通じて習得します。

総合農学科農業経営コース

  • 作物専攻
  • 畜産専攻
  • 野菜専攻
  • 花き専攻
  • 果樹専攻
2年

農業・農村におけるリーダーとしての能力や専門知識・技術について、実践を通じて習得します。

  • 専攻制による専門的かつ幅広い知識・技術を習得します。
  • プロジェクト学習、先進的な農家研修において、農業経営の理念と実際について習得します。
  • 全寮制のもとで自律性、協調性を高めます。

果樹実科・研究科

野菜花き実科・研究科

畜産実科・研究科

南信農業実科・研究科

1年

農業の担い手として必要な知識と基本技術・先端技術について、農業関係試験場を教育の場として実践的に習得します。

2.研修部

農業経営で所得確保を目指す者、農ある暮らしを志向する者に対する研修、農業機械研修等を行います。

お問い合わせ

農業大学校 

電話番号:026-278-5211

ファックス:026-261-2121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?