ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部 > 『トラクター展示館』開館する

農業大学校

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2014年7月13日

『トラクター展示館』開館する

 

『ちょっと古い トラクター展示館』

 

13年来の夢だった『ちょっと古い トラクター展示館』が開館しました。

 

当初は、農業大学校学生の整備実習の教材として「運転練習用のトラクターを使っての、分解整備実習は心配だな。分解して組み立てられなくてもいい物(トラクター)を探そう。」ということで古いトラクターを物色していました。
 

  最初にやってきたのは『イセキ TB―20(通称:仮面ライダー)』、可愛さと、かっこよさで一躍人気者になってしまいました。 最初は不動でしたが、ダブダブのエンジンオイルを抜いて、 無理矢理の引っ張り掛けをすると、何とかエンジンが掛かりま した。 しかし、分解をすることがかわいそうになったのと、余 りにも古く「今の時代、こんなに古い機械は誰も使っていな  い。整備の実習にはならないな。」と悩んでいる間に、噂を  聞きつけた賛同者?の方から、次々と寄贈納車されることと  なり、気が付けば、所有台数も10数台になってしまいました。この話は、またいつか掲載したいと思います。
 

さて、この多数のトラクターどうしたものか。そーっと、車庫の片隅に置くには台数が増えすぎてしまったし、せっかく集まった物なので、多くの皆さんに見てほしいと言うことで、平成13年から毎年秋の「農大祭」に展示することとなりました。

 最初は普通に動いていたものも、次第に無理矢理、強引に引っ張り掛けで始動という状況になってしまいました。

更に、年月が過ぎ発案者の転勤、平成14年度で農業大学校営農学部が廃止、統合で発足した農学部も平成21年度で長野市松代キャンパスに全面移行し、現在の研修部だけが残りました。

しかし、これが、大きな転機となりました。

研修部の研修内容がそれまでの、農業機械操作研修中心から新規就農希望者への研修、多くの皆さんに農業の楽しさを伝えるふれあい研修の『3本の柱』が建てられました。

「ふれあい研修の目玉にならないかな?」「目玉は無理でも、雨天日の時間稼ぎにはなるかな?」

とにかく10数年間、日に当たるのは『農大祭』の一日だけで、後は車庫の中に押し込んでいたものが、ちょっとは見てもらえるものになるのなら、どんな作業も楽しくできました。

と言って、イモ選別庫の中を空っぽにして、運び込んだだけなので2日間で完成です。

 ただ残念ですが、整備時間と¥が無いので洗車しただけで、相変わらず、無理矢理、強引に引っ張り掛けで始動でした。

 

 完成早々の6月20日には『親子ふれあい体験』の際に見学をしていただきましたが、小さな子供達には、別棟の最新トラクター(キャビン付)の方が人気でした。

 でも、後日に新規就農基礎研修の皆さんに披露したら、就農の際は「我が農場のシンボルにしたい。」との声が多く聞かれ大変感動していただきました。

 

 これから多くの皆さんが、ふれあい体験、機械研修、総合学習などで訪れます。

ぜひ見ていただきたいと思います。

 当面はこうした研修時に開館(見学をしていただく)予定です。

 

                 トラクター紹介文へGO!

お問い合わせ

農業大学校 

電話番号:0267-22-0214

ファックス:0267-22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?