ここから本文です。

更新日:2017年11月28日

~果樹の品種活用や地理的表示(GI)保護制度について学ぼう~
農業分野における知的財産活用研修会を開催します。

長野県(農政部)プレスリリース 平成29年(2017年)11月28日

  近年、生産販売における新品種の保護などが、農業分野の知的財産として注目されています。そこで、品種の育成者権の活用や地理的表示(GI)保護制度*について、専門家が事例を交えながら詳しく解説します。農業や流通などの関係者をはじめ、どなたでも参加できます。 

※地理的表示(GI)保護制度とは
  地域に伝統的な生産方法や気候・風土など、生産地の特徴が、品質など特性に結びついている産品が多く存在しており、これら産地の名称(地理的表示=GI)を知的財産として保護する制度です。
  原則、産地名称+産品(生産地・品質・生産方法等)(例)「市田柿」で表示されます。

1 日時

 平成29年12月12日(火) 午後1時~午後4時
 (受付開始:午後12時30分~)

 2 場所

 松本合同庁舎 2階 203号会議室
 松本島立1020 電話:0263-47-7800(代表)

3 内容

 講演1 「果樹種苗業界から見た品種の活用および最近の話題」(13時10分~14時30分) 
        (一社)日本果樹種苗協会 専務理事 駒村 研三 氏
 講演2 「地理的表示(GI)保護制度の概要と活用事例」(14時40分~16時)
        (一社)食品需給研究センター GIサポートデスク 酒井 純 氏

4 対象者

  農産物又は農産加工品の生産販売に携わる方及び今後、販売に取り組もうとされている方など
  (参加は無料です)              

5 申込方法

  12月1日(金)までに(別紙)申込書により、お申込みください。

6 その他

  駐車場に限りがあります。 
  可能な限り公共交通機関を利用する
か乗り合いでお越し願います。

   お問い合わせは
  農業試験場知的財産管理部まで
  TEL:026-246-2414

 

 しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中!

担当部署

 農業試験場知的財産管理部

担当者 (部長)塩川 正則 (担当)大澤 健治 
電話  026-246-2414 (直通)
ファックス  026-251-2357
メール

nogyoshiken@pref.nagano.lg.jp 

担当部署 農産物マーケティング室
担当者  (室長)中山 武幸 (担当)戸沢 早人
電話  026-235-7217 (直通)
ファックス  026-235-7393
メール  marketing@pref.nagano.lg.jp
担当部署 農政部農業技術課研究普及係
担当者  (課長)伊藤 洋人 (担当)藤永 真史
電話  026-235-7220(直通)
ファックス  026-235-8392
メール  nogi@pref.nagano.lg.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?