ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成29年(2017年)9月プレスリリース資料 > 原村の一部のほ場においてテンサイシストセンチュウの発生を確認しました(農政部農業技術課)

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

原村の一部のほ場においてテンサイシストセンチュウの発生を確認しました。

長野県(農政部)プレスリリース平成29年9月1日

原村のアブラナ属野菜のほ場において、国内初の『テンサイシストセンチュウ』の発生を確認しました。県機関とJAなどが連携し迅速な防除対策を講じ、まん延の防止に万全を期してまいります。

1 どんな害虫でどんな症状ですか?

このセンチュウは、長い期間畑の土の中にいて、寄主植物(アブラナ属など)が畑に植えられると、その根に寄生して養分を摂取します。主な寄主植物は、テンサイ、キャベツ等です。

メスは、たくさんの卵を体内に抱えたまま硬化し、褐色でレモン型の殻(シスト)を形成します。寄生されると植物の生育が遅れたり、しおれたりし、収穫量が減ることがあります。

海外では、アジア、ヨーロッパ、ロシア、南北アメリカ等広く分布している害虫です。

★出荷物の安全について

● このセンチュウは、葉や茎など地上部を利用する野菜には付着しません。

また、人体や家畜などの動物には無害であり、万一、センチュウが付着した農産物を食しても人の健康を

害することはありません。

● このセンチュウは土壌を介してまん延することから。まん延の防止のため、現地での視察や取材は、

ご遠慮いただくようお願いします。

 

 

2 防除対策について

  •  防除は、寄主植物でない作物を輪作する方法や、薬剤により防除できます。
  • 土壌を介して広がる害虫であることから、土壌の移動防止の措置を講ずるなどの防除対策により、まん延防止を図ります。

 

3 県民の皆さんへ

  • このセンチュウは、人体や家畜などの動物には無害であり、万一、センチュウが付着した農産物を食しても人の健康を害することはありません。  
  • このセンチュウは土壌を介してまん延することから、まん延の防止のため、現地での視察や取材は、ご遠慮いただくようお願いします。

 

<問い合わせ先>

長野県病害虫防除所中南信担当  電話 0263-53-5642(直通)

 E-mail   bojo-y@pref.nagano.lg.jp

 しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

 

担当部署 長野県病害虫防除所 中南信担当
担当者  (所長)上杉 壽和 (担当)伊藤 博之
電話

 0263-53-5642(直通)

ファックス  0263-54-4508
メール  bojo-y@pref.nagano.lg.jp

 

担当部署 長野県農政部農業技術課環境農業係
担当者  (課長)伊藤 洋人 (担当)石合 恵美
電話

 026-235-7222(直通)

 026-232-0111(代表) 内線3073

ファックス  026-235-8392
メール  nogi@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?