ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 穀物(米・麦・大豆・そば) > ICTを活用した水田農業における効率的生産体系の実証事業

ここから本文です。

更新日:2017年2月27日

ICTを活用した水田農業における効率的生産体系の実証事業について

2015年8月6日

ICTを活用した水田農業における効率的生産体系の実証事業実施中!

1 目的
 平成27年度新規事業「水田農業所得向上緊急支援事業」の水田農業のコスト削減対策として、プロポーザルにより事業委託した富士通(株)が開発したICT(情報通信技術)システムを7つの大規模モデル経営体に導入し、生産コストや労務を分析することで「営農を見える化」し、水田農業における効率的生産体系の構築を目指します。

2 事業内容
 県、富士通(株)、モデル経営体でプロジェクトチームを編成し、モデル経営体の経営改善に取組みます。

活動

3 平成28年度の取組結果
(1)プロジェクト活動の概要
   農業技術課(ワード:556KB)

(2)ICT活用による効率的生産に関する経営的研究報告
   農業試験場(PDF:4,716KB)

(3)プロジェクト活動発表
   発表者:佐久農業改良普及センター 佐藤憲二郎(PDF:1,590KB) 

4 モデル経営体
経営体

5 期待される事業効果
(1)経営体毎に蓄積されたデータから、生産コストや労務等を分析し、営農が「見える化」(把握)できます。
(2)営農データに基づいて、経営規模拡大や複合経営への取組等に結び付けることができます。
(3)経営改善の実証結果をモデル化し、県下の多くの経営体への普及を図ります。

 

担当部署 農業技術課農産振興係
電話 026-235-7221 
ファックス 026-235-8392 
メール nogi@pref.nagano.lg.jp 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?