ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成30年(2018年)3月プレスリリース資料 > 県推薦の企業が「第43回発明大賞(考案功労賞)」を受賞しました

ここから本文です。

更新日:2018年3月9日

県推薦の企業が「第43回発明大賞(考案功労賞)」を受賞しました

 長野県(産業労働部)プレスリリース 平成30年(2018年)3月9日

公益財団法人日本発明振興協会及び日刊工業新聞社が主催する「第43回発明大賞」において、マイクロストーン株式会社(佐久市)が考案功労賞を受賞しました。

 受賞内容

◆受賞タイトル 腰部と胸背部の体幹2点計測による簡便な歩行計測装置
腰部と胸背部の2カ所にセンサーを装着する歩行計測装置です。センサーの動作軌跡から、歩行バランスの解析が可能になりました。理学療法士による歩行指導の補助やエクササイズの提案に活用されます。
◆受賞者名 白鳥典彦 氏、野澤秀隆 氏、岡田恵也 氏、市川彰 氏

 表彰式

 日程:平成30年3月12日(月)

 場所:明治記念館1階 曙の間(東京都港区元赤坂2-2-23)

 表彰結果

 次のホームページをご覧ください。

 http://www.jsai.org/

 発明大賞の概要

 優秀な発明考案によって、科学技術の振興、産業の発展、国民生活の向上、環境問題の解決等に寄与した中小企業または発明研究者に贈られる賞(平成29年度は24件)

※考案功労賞:優れた発明考案で業績をあげた企業等に贈呈(賞状・副賞10万円)

※ 長野県次世代ヘルスケア産業協議会「健康」×「ものづくり」分科会事業(事務局:産業労働部ものづくり振興課)による歩行ケアビジネス展開支援の一環で、本表彰の候補者として県から推薦しました。

 


しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中
担当部署 産業労働部ものづくり振興課技術開発係
担当者  (課長)沖村正博 (担当)菅沼幸男
電話

 026-235-7196(直通)

 026-232-0111(代表)内線2939

ファックス  026-235-7197
メール  mono@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?