ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 産学連携により開発した『ロボティックウェアcurara(クララ)®』のニューモデルを発表します

ここから本文です。

更新日:2017年10月3日

産学連携により開発した『ロボティックウェアcurara(クララ)®』のニューモデルを発表します

長野県(産業労働部)プレスリリース平成29年(2017年)10月3日

信州大学繊維学部が産学連携で開発している「ロボティックウェアcurara®」のニューモデルが、従来より小型化・軽量化を実現し、大きく進化しました。
このニューモデルの発表とデモンストレーションを行います。

日時

平成29年10月4日(水曜日)午前10時から11時まで

会場

長野県庁3階会見場(長野市大字南長野字幅下692-2)

発表概要

「ロボティックウェアcurara®」ニューモデル(スタンダード・パンツモデルの2タイプ)の紹介
○「ロボティックウェアcurara®」ニューモデルのデモンストレーション(装着・脱着含む)
○歩行の評価が出来るモバイルデバイスの操作説明

説明者

信州大学繊維学部橋本・塚原研究室 教授 橋本稔 氏
(信州大学発ベンチャー企業:AssistMotionアシストモーション 株式会社 代表取締役)

県との関わり

県と信州大学の共同提案により文部科学省「地域科学技術実証拠点整備事業」に採択。現在、信州大学繊維学部にcurara®の開発・実証、部材開発等を行う拠点を整備中
○県創業支援センター(長野市)の研究開発室をAssistMotion(株)へ提供し、curara®の実用化を支援

 

 


 

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

 

担当部署 産業労働部ものづくり振興課技術開発係
担当者 (課長)沖村正博(担当)三島誠司
電話

026-232-0111(代表)内線2939

026-236-7196(直通)

ファックス 026-235-7197
メール mono@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?