ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成29年(2017年)6月プレスリリース資料 > 「現場課題解決型医療・福祉機器開発支援事業」の支援先を決定しました!

ここから本文です。

更新日:2017年6月30日

「現場課題解決型医療・福祉機器開発支援事業」の支援先を決定しました!

長野県(産業労働部)プレスリリース平成29年(2017年)6月30日

長野県では、県内産業の「健康・医療」分野への裾野拡大を図るため、医療機関等と中小企業者等や大学等が連携して行う、医療・福祉機器の試作開発を支援しています。このたび、支援対象として7件を決定しましたのでお知らせします。

1 支援先及び事業テーマ名

支 援 先

本社所在地

事業テーマ

株式会社共進

諏訪市

異種金属接合技術を用いた処置具用部品の試作開発

株式会社ナノ・グレインズ

諏訪市

医療機器定量的評価用臓器物性モデルの試作

野村ユニソン株式会社

茅野市

スーパーマイクロサージャリ―用手術器具の開発

有限会社フィット

下諏訪町

血管可視化ルーペの試作開発

レイクR&D株式会社

岡谷市

内視鏡用処置具の試作開発

学校法人佐久学園 佐久大学

佐久市

集団健診用足測定器の開発

学校法人東京理科大学 諏訪東京理科大学

茅野市

肢体不自由者のための全方向移動型電動車いすの試作開発

2 事業の概要

対 象 者

(1)長野県内に事業所を有する中小企業者等

(2)長野県内に設置された大学等

対象経費

【中小企業者等】

試作開発費(部品・ユニット・試作用金型購入費、外注加工費、原材料及び副資材の購入に要する経費等)

【大学等】

試作開発費(同上)、試作開発に伴う研究会や勉強会等の経費等

 


この取組は、しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)の政策推進の基本方針「1『貢献』と『自立』の経済構造への転換」に基づくものです


 

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署 産業労働部ものづくり振興課 技術開発係
担当者 (課長)沖村 正博 (担当)清水 北斗
電話

026-235-7196(直通)

026-232-0111(代表)内線2938

ファックス 026-235-7197
メール E-mail  mono@pref.nagano.lg.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?