ホーム > 仕事・産業・観光 > 森林・林業 > 県産材利用促進 > 木の文化の再生・桶と樽・県産材活用事例・県産材通信

ここから本文です。

更新日:2017年3月7日

木の文化の再生・桶と樽・県産材利用事例・県産材通信

木の文化の再生

長野県が進めている「木の文化の再生」を御紹介します。(PDF:4,140KB)

桶と樽

長野県内の木曽地域では、桶・樽の製造が行われていて、全国でもトップクラスです。しかし、年々出荷額や工場の数が減少しています。

詳細はこちらをご覧ください。

最近の特徴的な県産材利用事例

その1

最近の特徴的な県産材利用事例を御紹介します。 (PDF:2,024KB)    

その2   

長野駅新幹線ホームに、53種類の県産材を使用した木製ベンチが設置されました。 (平成27年4月7日)                     

県産材通信

県産材通信Vol.4(平成28年7月6日)(PDF:196KB)

県産材通信Vol.3(平成27年6月22日)(PDF:195KB)

県産材通信Vol.2(平成27年5月13日)(PDF:251KB)  

県産材通信Vol.1(平成27年4月15日)((PDF:364KB)               

                    ケロリン木桶

ケロリン木桶

 

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

林務部信州の木活用課県産材利用推進室

電話番号:026-235-7266

ファックス:026-235-7364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?