ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 木曽のさわら材を活用して開発された「うふっ湯桶」が、ウッドデザイン賞2017奨励賞を受賞しました【表彰式 12月7日(木) 東京ビックサイト】(林務部信州の木活用課県産材利用推進室)

ここから本文です。

更新日:2017年12月5日

木曽のさわら材を活用して開発された「うふっ湯桶」が、ウッドデザイン賞2017奨励賞を受賞しました【表彰式 12月7日(木) 東京ビックサイト】

長野県(林務部)プレスリリース 平成29年(2017年)12月5日

 

森林づくり県民税による事業の補助を受けて「産湯桶でウッドファースト協議会」(南木曽町)が開発した「うふっ湯桶」が、「ウッドデザイン賞2017」のハートフルデザイン部門において奨励賞を受賞し、表彰式が行われます。

1 ウッドデザイン賞2017(第3回)の概要 (URL  https://www.wooddesign.jp )

 「ウッドデザイン賞2017」(主催:ウッドデザイン賞運営事務局、林野庁補助事業)が開催され、応募453点から、ウッドデザイン賞として250点が入賞し、うち上位賞として最優秀賞(農林水産大臣賞)1点、優秀賞(林野庁長官賞)9点、奨励賞(審査委員長賞)15点の計25点が選定されました。
 

2 表彰式・展示(詳細チラシ(外部サイト)

(1)表彰式  12月7日(木) 11:30~12:30  於:東京ビックサイト 東展示場

 (2)展示   12月7日(木)~9日(土)      於:同上

3 うふっ湯桶 概要(ウッドデザイン賞ホームページから) 

「うふっ湯桶」は、おしゃれなママパパのライフスタイルも考えた木製のベビーバス。

さわら材の香りやアトピー予防等エビデンスに着目、職人さんの手作りで、今までにないこだわりのデザイン。

沐浴卒業後も、普段の暮らし使いのアイディアも紹介。

現在の暮らし方にもマッチするデザイン、木の効能や香りにも着目した新世代ベビーバスで子育てに優しい。

 

詳細は「産湯桶でウッドファースト協議会」ホームページをご覧ください。

http://shimizumokuzai.jp/ufuyuoke


(参考)  「うふっ湯桶」は、長野県森林づくり県民税を活用し、地域が主体となって里山の森林資源を活用する先進的な取組を支援する「信州の木活用モデル地域支援事業」の平成28年度事業として開発されました。同事業詳細は以下をご覧ください。
http://www.pref.nagano.lg.jp/mokuzai/sangyo/ringyo/kensanzai/katsuyomodel-top.html

 

 

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署 林務部信州の木活用課県産材利用推進室
担当者 (室長) 丸山 勝規  (担当)芹沢 隆史
電話 026-232-0111(代表)内線3274

026-235-7266(直通)

ファックス 026-235-7364
メール mokuzai@pref.nagano.lg.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

林務部信州の木活用課県産材利用推進室

電話番号:026-235-7266

ファックス:026-235-7364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?