ここから本文です。

更新日:2016年2月2日

平成27年度第2回長野県産材CO2固定量認証委員会が開催され、3件がCO2固定量認証を受けました。 

長野県(林務部)プレスリリース平成28年(2016年)2月2日

長野駅の門前回廊(長野駅の大庇おおひさし)、須坂市立井上保育園及び長野地方事務所の地すべり防止事業(土木工事)の3件が、第2回長野県産材CO2固定量認証委員会において、CO2固定量の認証を受けました。

1 長野県産材CO2固定量認証の取得について

 去る平成28年1月12日に、平成27年度第2回長野県産材CO2固定量認証委員会が開催され、認証申請があって、門前回廊(大庇)(長野市)、井上保育園(須坂市)及び地すべり防止事業(長野市)が委員会に諮問され、審議の結果、長野県産材CO2固定量の認証を取得しました。

2 今回の委員会において認証されたCO2固定量・森林整備貢献面積

申請者

施設名

CO2固定量  (t-CO2)

森林整備貢献面積(ha)
長野市長 加藤久雄 門前回廊

164.6

20.4

須坂市長 三木正夫 須坂市立 井上保育園

91.6

9.3

長野地方事務所長 島田伸之 地すべり防止事業

22.8

2.2

3 長野県産材CO2固定量認証制度とは

   申請に基づき、県産材を使用した住宅等の建築、内装木質化を行う施主及び木製品の製造者や購入者に対し、「県産材利用の環境貢献度」をCO2固定量と森林整備貢献面積に換算して数値により「見える化」をし、認証証書を発行しています。(制度開始の平成24年度からこれまでに、149件、3,743t-CO2、森林整備貢献面積に換算すると400haが認証されています。)

 

担当部署 林務部信州の木活用課県産材利用推進室
担当者 (室長)春日嘉広 (担当)岩間光輝
電話 026-235-7266(直通)
ファックス 026-235-7364
メール mokuzai@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?