ここから本文です。

更新日:2017年6月9日

水道水源保全地区における行為の事前協議

水道水源保全地区における行為の対象

  長野県水環境保全条例に基づき、知事が指定した水道水源保全地区内において、次の行為をしようとする場合には、知事に協議し、その同意を得る必要があります。

・ゴルフ場の建設

・廃棄物最終処分場の設置

・土石類の採取その他の土地の形質の変更で、変更に係る土地の面積が1haを越えるもの

 事前協議の状況

県に事前協議があった水道水源保全地区は次のとおりです。

          ※H29.3..31 5簡水(北部、川向、三留野・妻籠、大山・蘭、田立)による統合創設

 

参考 長野県水環境保全条例及び水道水源保全地区指定状況

  長野県水環境保全条例(PDF:94KB)

  27市町村 46地区(平成29年3月末現在)

  水道水源保全地区(PDF:50KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部水大気環境課

電話番号:026-235-7176

ファックス:026-235-7366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?