ホーム > 暮らし・環境 > 自然・水・大気 > 水質保全 > 第3期野尻湖水質保全計画

ここから本文です。

更新日:2013年8月19日

第3期野尻湖水質保全計画

県が、湖沼水質保全特別措置法(湖沼法)に基づいて策定作業を進めていた第3期野尻湖水質保全計画が、平成17年3月17日開催の国の公害対策会議幹事会で了承され、環境大臣の同意を得て正式に決定されました。

 

1.野尻湖に係る湖沼水質保全計画の経緯

湖沼水質保全特別措置法(昭和60年3月施行)では、特に水質の保全に関する施策を総合的に講ずる必要があるとして環境大臣が指定した指定湖沼について、県知事が5年ごとに湖沼水質保全計画を定め、対策を総合的かつ計画的に進めることとしています。

野尻湖については平成6年に指定湖沼に指定され、平成6年度以降、2期10年間にわたり湖沼水質保全計画を定め、各種施策が進められてきました。

 

2.今般定められた湖沼水質保全計画の内容

第3期野尻湖水質保全計画においては、湖沼の水質保全に資する事業、及び各種汚濁源に対する規制等による水質保全対策を総合的かつ計画的に推進し、湖沼の水質改善を図ることとしています。

(1)水質の保全に関する方針

1)計画期間

平成16年度~平成20年度(5年間)

2)計画の基本的な考え方

野尻湖では、富栄養化の要因となる窒素・燐については徐々に改善しているものの、化学的酸素要求量(COD)については環境基準値の達成には至っていません。このため、行政が地域住民の取組みを支援することを通じて、地域住民が自主的かつ日常的な活動を強化し、行政と地域住民が必要な情報を相互に提供し、共有することによって、野尻湖の水質が更に改善されていくことを目指します。

3)水質目標値

平成20年度に達成すべき化学的酸素要求量(COD)、全燐の水質目標値を掲げます。

〈野尻湖の水質目標値〉(単位:mg/L)

水質項目

現状水質
(平成15年度)

平成20年度(目標値)

環境基準
(参考)

対策を講じない場合

対策を講じた場合

化学的
酸素要求量

1.5

1.6

1.5

1

全燐

0.004

0.005

0.005

0.005

(注)
1.COD、全燐については、年平均値です。
2.全窒素については環境基準が設定されていません。

 

(2)水質の保全に資する事業

下水道の整備はほぼ終了したことから、今後は、浄化槽の整備等を行います。

 

(3)水質保全のための規制その他の措置

工場・事業場排水対策、生活排水対策として下水道への接続促進、非特定汚染源対策、特に、農地及び山林等からの負荷を削減する対策、水生植物帯復元の取り組み等の施策を行います。

 

(4)その他水質保全のために必要な措置

公共用水域の水質の監視、調査研究の推進と活用、地元主導による取組の強化、事業者等に対する助成等を行います。

 

〇第3期野尻湖水質保全計画〔全文〕はこちら(PDF:101KB)

パンフレットはこちら(PDF:1,656KB)

〇野尻湖の概要はこちら

〇野尻湖水質の経年変化はこちら(PDF:174KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部水大気環境課

電話番号:026-235-7162

ファックス:026-235-7366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?